旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
寝苦しき熱帯夜の攻防戦
近所に足裏マッサージのお店ができました。
開店サービスで15分1,000円だったので思わず行ってまいりました☆

こんにちは、mekeでございます♪

マッサージはするのもされるのも大好きなんですが…
どうもお金が絡むと「元をとれるのか」なーんて考えちゃってリラックスできませぬ。。(^^;)
やっぱ無償で人にしてあげたりされるのが一番気持ちええですなあラブ



…さて、今日のお題は「熱帯夜の攻防戦」。。
ええ〜勿論お布団の中での…ですラブ
って言っても…昨夜のはそう艶やかなモンじゃないんですけど(−−;)

ここ一週間のK氏の忙しさったら、
まあ今年に入って以来加速する一方なんですけども、
「余裕のない」ことにかけては三本の指に入る厳しさです悲しい

「来週までいて〜」
「今週末までいて〜」

と、毎度東京での滞在期間は長引いてしまうのですが、
まあ何をするでもないけど(ご飯は半分以上自分でつくるし)
いるだけでヤツを楽にしてあげられるんなら、私だって嬉しいし…
でもでもでも。。



疲れてどうしても余裕がないのは仕方ない。
でもどんなにどん底でも「笑って何とか頑張ろう」って
気概がほしいのだ!!!
べっつにいつでもフルパワーでいろとは言わないですけどっ
少しでも気持ちを切り替えようとか、
おうちに帰ってきたら楽しくやろうって気持ちだけでいいのです(><)


…眠たいなら眠たいって、疲れたから休みたいって言ってほしいし。
…起きてるのか寝てるのかわからん態度とらないでほしいのさ。。


「むにゃむにゃ。。」

「あんた、今の寝言でしょ」

「はっ…今なんてゆっとった!?」


「ほーらね…♪ぱっぱぱらりら、ぱっぱらりらっ〜
(→工藤静香が出てるビールのCM)」

…かるくやばい。。
(→最近かなりやばいおなかのお肉をCMどおりにつまんでる)」

「…ぶははははは!!!」

「…何さらすねん豚


…とまあ、こんな他愛もないお遊びをしてくれるだけいいのですが。
たまたまヤツがご飯つくってる最中読書に熱中してると


「上げ膳据え膳の中学生じゃあるまいしっ怒りマーク


と怒られる…こんなレトロな叱り方する青年も珍しいですが。。

まあそれは私が悪いんだけど、
君だってご私が飯用意してるときちーっとも動かないし、
「キャベツ」「水割り」「お替り」ってなんか殿様じゃん!!!

…おっと喧嘩に「あんただって」は禁句ですね。
普段はこの程度のことで目くじら立てる人じゃないんですから、
そもそもの原因はお仕事のイライラにあるわけです。



…と、我慢してお布団しいてさあ眠りましょう、となるのですが。。

この人、超寝相が悪い悲しい


それもストレス溜まってる時は特にです…
まっすぐお布団に横になってくれない…ので、
私も斜めに寝なきゃなりません。
それだけならまだしも、あっちにゴロゴロこっちにズルズル…
部屋の端のほうに転がるので私が布団の真ん中で寝てると、
ウトウトしながら

「あっち寄って」

とまた転がってくる。
でスペースあけてあげると、今度はズイズイ押してきて、
私が布団を追い出されてダイニングキッチンの方に転がる始末…怒りマーク

抱き枕がないと落ち着かないので、
ウトウトするまでいつもはヤツにしがみついて寝てるのですが、
ふかーい眠りに入ると

「どいてくれい」

と弾かれる…

したいのかしたくないのか、触ってる途中に寝られる。
(サイアクだぞこのやろう−−;)

「触って〜」

と寝ぼけて甘えるからさわさわしてたら熟睡してる。
(もっとサイアクサイテーだ…失恋


もう、数え上げたらキリがありませんっ
元々寝つきが悪いので、こういう奮闘を繰り返しつつ
クーラーのタイマーをつけたり消したりしてるので(連続がキライなの)
ちーっとも安眠できませんっ!!!


…頭にきたので、昨夜は遠く離れた畳の上で、
冬布団を敷いてシーツに包まって仮眠してました…


そしたら明け方。

ガサガサ…

(やっと起きやがったなこのばか…)

とうつろに思ってるところを。。


・・・・!!!!!


あーあ、あーやっちゃった。。
この仕打ち、他の女の子にやったら口もきいてくれないよ…


ウトウトイライラしてるところ、
前戯も無しに好き放題やってる人…うわーうわーうわー冷や汗

(…でも元来エロ大将なのでそれなりに楽しんでみる)



しかーし…

その後、何も言わずひとりさっさとお風呂場に行き、
シャワー浴びて帰ってきて再び眠ろうとする…
ところでさすがに鼻をつまみました。


「ちょっと兄さん…ここ数日のあなたを一言で表すなら…
 サイテー男だぞこの野郎」

「う〜ごめん、やっぱイライラしてるねん」

「あからさまです!!!…何なのささっきのは!!
 布団からも弾くし勝手にするし!!!」

「えっ、嘘!!寝相そんなに悪かった?
 あとしたのは、寝てるときされると気持ちいい
 って前ゆとったからやで」

「そりゃそうだけどね〜昨夜はね〜寝てないしさ〜」

「あわわごめんなさーい」



そんなこんなの日曜日。
結局『妖怪大戦争』も見に行けずじまいで
ヤツは日曜出勤に出かけました。
明日、私は久々に関西のほうに戻りますので、
その前に今夜は少しお買い物してお外でご飯の予定です。。が。


今夜こそ安眠できますように…悲しい






*ランキングに参加しております。*
よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv
人気blogランキングへ
学生ブログランキングへ
0574 W.S.Rへ
色恋沙汰とかエログロとか。 / comments(3) / trackbacks(0) / meke /
初体験〜
…と聞いて皆様は何を思い浮かべますか??
…初めての…お使い?はたまたXXX?…イロエロございますよねえvv

こんにちは、本日は東京よりmekeでございます♪

土曜日より昨日までの予定で東京のK氏んとこに来ておりますが。
今回のワタクシ、様々な初体験をしちまいましたのでかる〜くご紹介…
まずは第一弾。


K氏と初プリクラ撮っちゃった。。


「えっ、それが何?」って感じでしょうか。。
でも複雑な心境…何故かって??

前のサイトからいらっしゃってるお客様はご存知かと思われますが、
うちのK氏は今でこそ2人で落ち着いて(!)おりますが
ちょい前まで何人もわさわさと女の子と色濃い色恋沙汰を繰り広げていた人物。
おまけに隠し事のできない人なので、「かつての遺物」はいくらでも目に付くところに転がっておるのですよ。。
その筆頭が、そうです、他の女の子とのプリクラ。

元々mekeはプリクラや写真を撮られるのが大層苦手なんです…悲しい
写真写りを気にしてしまう自分がなんかイヤですし…どんな顔すりゃいいのかよくわからんし…
ところがこのK氏、写真が趣味ということもあって撮りたがり。
最近はまともに撮る時間がないせいで落ち着いてますけど、
そのかわり自信作のご飯なんかつくると必ず写メってます。

「他の女の子と撮ってるようなモン誰が撮るかー!!」
という天邪鬼な性格も加わりまして、カップルの必需品(?)プリクラ撮影をあくまで避け続けてきたmekeですが…
昨夜、焼肉食べまくりの帰り道。。
やけに陽気なヤツに押されてとうとう撮ってしまいました。。

ああ、恥ずかしい、まるでカップルのようだ(T−T)
(イヤいいんだけど)


私より撮り慣れてるし…ラクガキとかもスイスイしとるし…
しかし出来たブツを見て大爆笑!!!
最近、この人頭を丸坊主にしてしまったのですが…
キラキラと白いライトに照らし出された広角レンズのその姿は


まるで巨大なしゃもじのよう…!!!


巨大しゃもじがメガネつけて立ってる…
その横の私は固くなって目が空ろな妖怪のようだ…!

でもコレどうすりゃいいのだ…??
はっきりいって人からもらったプリクラって邪魔ですし。。しょんぼり
自分で楽しむには枚数が…あ、そうだるちみに送りつけてやろう♪なラブ


…で、第二弾です。
…ちょっとエログロ含みますよ…苦手な方はご注意を。。








・・・

・・・


初めての、back to the another hole…マル秘


やっちまいました。。ふぎゃー確かに痛かったぜるちみよ…(T−T)
前回の「ぎゃっ!間違っちゃったよ〜」とは別です。
完全に革新的、いや確信的。。

前回体調崩した影響で、ちょっとお腹具合がよろしくないのですね。
(ええ、女の子のお腹の方ですよ〜)
しかし…エロパワーだけは人並み異常の我々。。

「何とかならないか?」

という苦肉の策(!)で遂にback hole初挑戦〜うびょ〜ん。。
ええ、初めは仕方なしに「口受け」してたのですが。。
どうもやはりそれだけでは互いにしっくりこないというわけで…
今まで奴もさほど興味ない感じだったんですけど最早我慢ならんぞい、
ということで…いざ尋常に異世界突入=3




何かね…



すごく、情けない感じですよね…(誰に訴えてる?^^;)



だってそもそも別器官じゃないですか。
排便器官に逆挿入…うーむむ。。
アレです、病院で浣腸された時のような何とも情けない感覚に似ております。。
(もしかするとこの変な感覚が極まると快感になるのかもしれませんけど)



…終わった後でお風呂に入りつつの会話。



>meke
「あのう…俗に前より後ろのが締まりがイイというのは本当でしょうか?」

>K氏
「うーん…ようわからへんけど…分泌液とかざらざらふよふよがないぶん、前のほうがええんちゃうか??」

>meke
「成る程…ゲイの方々は大変だねえ〜コレ毎回って…」

>K氏
「ほんまやなあ〜」

(ここでバスタブに湯が溜まったので沈んでみる)

>meke
「…ぎょえええっっつ!!!!」

>K氏
「どうしたん!?」

>meke
し、沁みる…!!!痛いよう〜っっ(T0T)」

>K氏
「あ、あわわ…ごめんなさい〜」

>meke
フタしよう…(←手で押さえてバスタブに沈むの図)

 コレ…毎回やってたらになるね…しばらくうんちするのが怖いわ…」




…という顛末でございました。。
…本当に、ゲイの方やお仕事でされてる方って…どう乗り越えてるのかしら。。
そのものの痛み自体は構いませんけども、
痔だけはイヤだなあ、と思ったmekeなのでした〜
あ〜早くお腹もお肌も調子よくなりますように〜(><)








*ランキングに参加しております。*
よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv
人気blogランキングへ
学生ブログランキングへ
0574 W.S.Rへ
色恋沙汰とかエログロとか。 / comments(2) / - / meke /
チョコレートケーキを
作ろう!と思い立ち、珍しくいろいろ買い揃えてきたのに…
チョコをちょこっと摘み食い…のつもりが完食しちゃったYO!! 冷や汗

こんばんは、mekeです♪

二週間あまりほとんど何も食べずにきた反動でしょうか。
有り余る食欲に寒気がします…うげえ〜流石に気持ち悪いじょ〜(;;)

さて、今夜のお題はグルメな色恋沙汰でいってみましょう☆
先月「嗚呼誕生日…」にてK氏という人物をご紹介させていただきましたが。
確かこの人から一番最初にもらったモノは手打ちの蕎麦。
ええ、蕎麦は奴の大好物中の好物なのでございます。。自分で打つ程に(^^;)

あれは或る冬の夜…突然電話があり、私の住む築40数年の超オンボロ木造アパートの玄関口に立っていたK氏。
何でも山奥に住む蕎麦打ち名人和尚に一日ついて修行し、打ってきたばかりだという自信作。
手にした大皿に5人前程山盛りして届けてくれたソレが最初の贈り物でしたねえ〜
因みにその次もらったのは手作りアップルパイ。
その次が手作りチャイで…さらにその次が親子丼。。
あ、あれれ??もしかして餌付けされたかしら(^^;)

特に一緒に遊んだり話したり…ということはなかったのですが、
出合い始めの頃はふと思いついたようにいろんなご飯を作ってもらいました食事
あ、それは今もあんま変わりませんね(^^)
でもってそのお返しに、私が初めて奴にあげたプレゼントは…
横浜みやげになぜかカリンバ。
考えてみたらこれ以外何かあげたことなんかないな〜
あ、手作りといえばそうだチョコレート、バレンタインか!!
しかしこれも毎年切ないネタまみれだし…悲しい
普段料理なんかしない人間がこういう男に何かしてやると半分は駄目出しされるのです〜トホホ。。まあ修行ですね〜

さてさて、今日のブログはこの辺にしまして、
これより早速ケーキ作りにとりかかりますね♪
色恋沙汰とかエログロとか。 / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
嗚呼誕生日…今年も波乱万丈でR.。
腹グルさが直らない…普段頑丈そのもののせいか、
こうも微妙な腹具合が続くと…その、ここのとこの懸念に引っかかってやしないかという不安とも合いまり何とも複雑でござい悲しい

こんにちは、mekeでーす!!

…というわけで東京におります。。
毎度のことですがね、このパターン…やれやれ。
まあ最近では自分の部屋よりも氏の部屋にいるほうが落ち着くし、
しなきゃならない話もあったのでいいっちゃいいですが。

ええっと、何からお話すればよいのやら…
とりあえず、もしかするとまだ状況をよくご存知でないお客様の為にK氏という人物についてざっとご紹介させていただきますね。

K氏…年齢秘密。特徴、眼鏡。
声、森本レオ。血液型、Bの天敵(でも憧れてしまう)A。。
私mekeの恋人にして愛人にして彼氏にして先輩にして兄にして尊敬する人でもある、とても不思議な方であります。
知り合って二ヶ月、ろくに話もしない関係のうちに現在私の住む関西から東京に行ってしまい、
それっきりかと思いきや不思議な縁あってこの三年間、
まあ傍目には日々ネタまみれの遠距離恋愛突進中。。
何がネタまみれかって…まあいろいろありますが、
最大の特徴は奴の主張する「複数恋愛論」を地で遂行しているところでしょうか??

少なくとも「付き合い」始めの頃は3人彼女がいましたし、
その中でどれが本命だとか二番手だとかは決められない、という人であります。
お陰で実際過去に刃傷沙汰になった経験もあったりするという(−−;)
見た目の穏や〜かそうな好青年(?)っぷりを見事に裏切る、トラブルの絶えない男の子であります。

さてさて。
現在の所、「付き合って」いる女の子としては私mekeと、実はmekeの先輩でもあり隣に住んでいた人でもある(!!)Rさんという方の二人がおります。
因みにRさんは今も私の近所に住んでるはずですので…ま、遠距離同士ということになりますな。

しかしながら…別にこの状況が不毛であるとか異常であるとか私は考えておりません☆
K氏という人となりを私なりに熟考したうえで、「覚悟してね?」と奴にもさんざ私というおかしな人間について考えてもらいました。
そんでもって腹をくくって一生かけて向き合う決意をしたわけで。
私は一度下した決断や感じた直感に対していつでも妥協したことはないし、
後で後悔することはあってもその一瞬一瞬だけは決して揺らぐことなく選んできたつもりです。

時間を重ねるうちに今まで見えなかったこと、知らなかったことをたくさん学ぶことができたし、一度たりとも嫌いになったり飽きたりしたことのない人物なのですラブ(呆れたことは多々ありますが−−;)
私という人間と付き合う以上、私や奴を取り巻く輪とも関係を広げてゆきたいという想いから、
私の両親にも家族にも紹介しておりますし、大切な友人のほとんどを紹介させてもらってます☆
逆に私もあちらのご家族とも仲良く楽しくさせてもらってますし、
まあ全てを開けっぴろげに、が原則でここまでやってきました。
勿論、Rさんのことも含めて…です。

しかし彼女は普通の女の子。
私という存在自体認めてはおりませんし、殺したいほど憎んでいるか虫ケラ程度にしか感じていないと思います。
全体の細かい状況や心境の経緯等はまたいずれ…ということで、
今回は私の誕生日の騒動からご説明しようかと思いマス。。

**********************************

誕生日。
記念日というものがおよそ苦手なmekeなんです。
何かの記念だとか行事には距離を置きたいお年頃…ってもう何年もそうですが…
理由は大したことないのですが、「それに寄りかかりたくない」ということがあります。
特に誕生日。
女の子は年をとることを以上に怖がるし、20代を重ねてゆくこと、超えてゆくことへの異常な恐れっぷりといったら日本だけではないでしょうか…??
そんなの日々頑張って生きてきた自分への侮辱にしかならないし、
確かに年をとることで失うものは多いけど、その過程で得てきたものは極上のタカラモノでしょうよ…!
ってかこの幼児フェチな文化はいい加減にしろ…っとまあお題からドンドンずれてゆきますね、このへんにしときましょう(^^;)

そんなこんなで、確かにお祝いしてもらうのは嬉しくもあるのですが、
天邪鬼な反発心とシャイな性格もあって、記念日ってやつが苦手なmekeでした。

と〜こ〜ろ〜が。
人とお付き合いをするとなるとそうも言ってられんのが世の常でして。
K氏の誕生日だって気になるっちゃ気になるんだけど、
実は奴も「誕生日なんか気にしない。まあ祝ってもらったら正直嬉しいけど☆」という天邪鬼男。互いに

「聞きたい(祝いたい)けど聞けない…」
「祝いたいけどなんかちょっと恥ずかしい…」

という何とも歯がゆい時期が互いの誕生月なんですね〜変でしょ??
で、まあ清水の舞台から飛び降りるつもりで(何故だー)、
毎年恐る恐る「誕生日空いてる〜?」「うん、別に〜」
なーんて会話を取り交わしてるわけですが。
ここのところ奴との関係も最高に穏やかでイイ感じなのに背中を押されて、
私今回珍しく自分から堂々と発表しました。

「明後日誕生日なんだよ♪」

と。
一緒にいて〜とか言えないところが天邪鬼なところなんですが…トホホ。
しかし!!
何ということでしょう、たまたま前日に福岡で出張があるという氏は、
帰りが土日に当たるのを見越して会いに来る、というではありませんか〜!!

(期待したらいかん期待したら…)

…というのも、ここ関西は奴の第二の故郷みたいなもので、
大切な親友や友人が集まってるところなんですね。
関西に来る、ということはイコール友人たちと久々に遊ぶ、ということなので…大切な交友関係と私とどっちを取るんじゃー!!なーんて時限の低い争いはしたくないので言いませんが、やっぱちょっと寂しいもんは寂しい。
何よりも最大の憂いゴトは…

私は友人らと共同で生活しております。
つまり自分の部屋ってやつを持ってないのです。
自然奴は一人暮らしのRさんのうちに泊まる、というのがいつものパターン。。げろろーん(−−#)
おまけに奴の交友関係の輪はRさんの輪とつながっておりまして、
私ほとんど関係ないんですね〜〜これも辛い…悲しい

関西に来る奴…まあ少しは私と会う時間もあるし、
その時間はいつも最高で過ごしてる自信もある。
それでも複雑な心境ですね…嬉しいような嬉しくないような。。
でも友人たちに会って奴は明らかに元気になって帰ってゆくのですよ。
(お見送りだけはいつもさせてもらってますが)
その顔みたらやっぱ何も言えないよねえ…

し・か・し。
今回は…誕生日です…もしかして、と期待してしまう乙女な私もいるわけですよ!!
ところが案の定当日、既に着いてる時間帯のはずなのに夕方まで連絡はなく。
こりゃまたすっぽかしで帰り際に見送りだけか??と思ったらやっと夜に連絡がありました。それは、

「お姉ちゃんと食事するから付き合って」

というもので。
奴のお姉さまもここ関西に住んでるわけですね。
実家では一・二度お会いしたことはありますが、ここで会うのは初めてです。
そして…
お食事はまあまあで(珍しくお店のセレクトに失敗^^;)、
初めて会う奴の友人やお姉さんとも会話は弾み、とても楽しいひと時を過ごして夜は更けてゆきました。
解散にあたり、私は時間も時間ですし、当然奴と一緒に帰るもんだと思ってました。
勿論回りの友人たちもそう思っていたはず。
ところが。

何の前触れもなく、突然です。

「mekeはお姉ちゃんとこ泊まれるよね?」

と言い出す阿呆冷や汗
皆、お姉さんですら「?え?」という表情…

「え、でもどこ泊まるの?」
「いや、友達んとことかあるし大丈夫やで」

大丈夫も何もありますかい怒りマーク

「え、別に私のところ3人でも大丈夫やけど…」

とお姉さん。
周りの友人も「そうそう、別にうちらの見送りとかいいし一緒に帰りなよ」
と言いますが…何ともおかしな態度でウヤムヤと、
お姉さんのところに私が泊まることだけ薦める始末。
変な空気が漂いだしたので、全て察して私はお姉さんに頭を下げまして。
奴の顔も見ずその場を離れました。
その後のお姉さんとの会話。。

「ごめんなさい、多分知ってると思いますけど、
 もうひとりの彼女のところに泊まるつもりだと思うんですよ…」

「えっ…そ、そうか…(←彼女はRさんとも面識あるので状況も知ってます)
 うう、我が弟ながらホントに…怒らないんですか…??」

「うーんさすがに誕生日には堪えますねえ…」

そして奇妙な会話が夜遅くまで取り交わされるのでした…
お姉さんはとっても可愛らしい人で、K氏もとても大切にしている方なのですが、
その夜は彼女の彼氏さんも泊まりにくる予定だったようで…トホホ。
まったくもって惨めな私に、彼女は心づくしのおもてなしをしてくれて。

誕生日の夜…肝心の彼氏は他の女の子のうちに泊まりに行き、
行き場がないのでその実のお姉さんちに泊めてもらい、
グチを聞いてもらいつつ彼女の彼氏さんとふたりにハッピーバースデーを歌ってもらってケーキを食べるのオチ…失恋

二人はとても優しくて面白くて、翌日もお昼ご飯をご馳走になりながらゆっくりと素敵な時間を過ごさせてもらいました。

どんなどん底でも出会いは大切だし、その時間を楽しむことは忘れない。

でもこれと奴の酷い対応とは別問題ですよね??
なのに…私が楽しくやってるのをいいことに…てかいつもこたえずめげずに楽しんでるからって…悲しいもんは悲しいってことをわかりやがれっ!!

「よかったなあ、誕生日ケーキやん」

という一言をメールで見た瞬間、絶句。
次の日の昼過ぎ、あっけらかんと友人たちとのパーティーに参加するよう誘う電話に、唖然。
どこに泊まってたか何をしたかなんて何も気にせず。
腹が立つわマジで腹具合が悪いわで当然お断りしましたよ。。

そんでもって…もう二度と誕生日なんか期待しねえ、と心に誓って泣きに泣いたのでした…
肌の調子も悪いので泣き腫らした目の周りはヒリヒリするし、
親友るちみにいつものごとくふらふら電話すると「ゆっくり休みなさい」と諭され。
眠ってみるも気分は悪いし機嫌はどんどん酷くなるし。。

吐けるもんなら吐いてみたい、
と夕方ようやくフラリと立ち上がり、ブログを開いたところで…

「おーい、東京行くで」

といういつものパターンです…

「ふざけんな、ボケッ」
「何やねん、今回は何が駄目だったん??」
「阿呆ー!!気づけボケナスっ」

いつもなら飛び蹴り後ろ回し蹴りなどするところですが、
今回は気分が悪いので暴れる元気がなく。
ズルズルと駅まで引きずられ、フラフラと新幹線に乗せられて…
吐きそうなので目を閉じてじっとしているうちに東京着です。。

結果。
この馬鹿、「誕生日に他の女の子のうちに泊まる」
という事態にさほど何も感じていなかった模様。。
あーあ、もういいや、どうせ脳味噌ピーマン程度だもんな、耳から流れ出ちゃったんだわ、これはもう何も言うまい。悲しい
しかしもうひとつの問題。
今、Rさんはかなり…いや非常にノイローゼ気味であるということ。
流石にこれを放っておくことは奴にはできないのですね。

元々、今年から無条件に奴と同棲するつもりだったRさんは、
今まで見ないようにしていた私の存在や、目的もなく東京に来る点を奴に追求されたことなどでかなり落ちつかない状態でした。
それが四月からそれでも生活のために仕事をすることになり、
勿論希望して選んだ職でもないし超超ハードワークともなれば…もうボロボロですよ。。
夜中に何度も何度も着信があるし、会話も途中で乱れてしまう。
離れててもいやでも聞こえてくるケイタイの向こうの悲鳴のような罵りや呟きは…あまりに痛い。
どうやらお酒とタバコに逃げてるようだし、今回久々に会った氏も驚くほど面変わりしていたようです。
ただただ支えが欲しい、構ってほしい、捨てないでほしいという状態。

ええ、正直私も女の子ですから…
そんな彼女に魅力があるとは思えない、という点で自信みたいなものはありますよ(><)

でもね…そんな彼女を捨てられない奴の気持ちもわかるのです…
正直、ここまで擦り切れちゃう前に、自分で支えてあげられないという状況であるならば、思い切って切ってしまうのが双方のためだった。
私が言うのは本当にエゴだとわかってるけど、どう客観的に見てもそう思う。

仕事を始めて、奴も凄く環境が変わってゆとりがなくなった面もある。
けれどそれは奴が志として選んだ結果の犠牲みたいなもんで。
本質的に奴の魅力が消えたわけではないし、私自身も変わってゆくことで新たな切り口は幾らでもあるわけです。

…それでも彼女もわかっているはずです。
何度も何度も別れ話をもちかけて一騒動起こしては結局離れられない。
自分で自分が駄目になってることに気づいてる…けど決断できない。
優柔不断なK氏に勿論それができるわけもない。
そして今のこの状況です。

以上私は…判断していますが、この一部始終には私の主観も勿論入ってますから…何が善で何が悪かなんて判断するつもりはありません。
私は彼女と氏との関係に対し常にそう前置きした上で判断してるけど、
それで奴に行動を迫ったことはないし。
全ては奴の選択の結果です。
私にできることはただ見守ることしかできません。
勿論腹黒い感情は抱えてますよ、それを否定する気はないです。
ただ、切に願うのは、奴がいつも楽しく朗らかでいてくれること。
どうか、体だけは大事にして。。って究極投げやりだから困るんですけど…!!頼むで〜悲しい

「万が一あの子が誰かに刺されたりしたらその状況位は把握しておきたいしなあ」

…とは私の話を聞き、このブログの存在を知ったK氏のお姉さんの言葉(^^;)
彼女、このアドレス知りたいそうなので…もしかするとまた有り得ない状況がリアルタイムで動き出すかもね☆

うわっ、長…
さてさて、今日もどうなることやら〜
おなかの調子はまだまだ治りませぬ。
そして「はよ来いお月様っ(泣)!!」と叫んで締めくくらせていただきマス〜
色恋沙汰とかエログロとか。 / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
嗚呼誕生日・・・
ああ、腹がぐるぐるします。。腹グロイならぬ腹ぐるい。。

こんばんは、mekeで〜す☆

このブログのお客様の半分くらいは「あっちの世界」からいらっしゃった方だと思うのですが。
多分ご存知かも知れませぬが新たなお客様のためにご説明…
と思ったらまた事件発生。。もうっっ!!!(><;)

説明&文章にする暇がないので手短に。
(るちみよ、ほんとゴメンないつも;;)

誕生日のその日に東京から私の住む関西にやってきた我が恋人は。
よりによってその日の夜に他の女の子んちに泊まりにゆき。
行き場を失った私はその実のお姉さんちに泊めてもらい(ぎえええ)、
さんざ無視された挙句ただ今連絡があって東京に連れ去られようとしております!!!
と、兎に角話をせなこんがらがってしまうので駅に行ってきます!!
すっぴんで!!もうっっっ許すまじーっ(@@;)/
色恋沙汰とかエログロとか。 / comments(2) / trackbacks(0) / meke /