旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
「言論によるテロ」=週刊誌報道に激高−安倍首相
 「言論によるテロ」=週刊誌報道に激高−安倍首相

安倍晋三首相は24日夜、「週刊朝日」の最新号に掲載された長崎市長銃撃事件の容疑者と首相の元秘書をめぐる記事について、「全くのでっち上げでねつ造だ。いわば言論によるテロではないかと思う。これは報道ではなく政治運動ではないかとすら言いたくなる」と激しく批判した。首相官邸で記者団に語った。 
(4月24日23時0分配信 時事通信)


この報道の信憑性を判断する前に首相の「テロ」発言の方が気になる。
「テロリズム」の定義等私は全く勉強不足のため軽々しくコメントできないけど、政治家がこうあっさり報道を「テロ」扱いするのはいかがなものか。
そして「(首相の憤りは)まったくそのとおり」だと肯定する方々も、実際朝日が何を報道しているのか確認して発言してる人はいるんだろうか。
朝日は朝日でこういう記事を出す以上、相当腹をくくって論理的に追究しなきゃいけないはずなのにあっさり「お詫び」してるし↓

週刊朝日報道を安倍首相が批判 
(2007年04月24日22時02分 朝日新聞)

・・・週刊誌の見出しって・・・下世話なだけじゃなくていーかげんすぎんだよ(−−;)

あと、各社報道で首相のコメントをみてみると、当たり前だけど記事上のコメント自体が首相発言の一部を切り貼りつなぎ合わせているのがよくわかる。
批判するなら双方の情報をきちんと集めて判断しないと危ないなあ…と思った。

ちなみに、上記時事通信社の文面通り受け取ると首相は「テロ」=「政治活動」≒「報道」と認識しているよう(にとれる)ですが、今一般的(感覚的)に認識される「テロ」には暴力的破壊行為そのものが含まれているはずでは?
そして身も蓋もないことを言えば、報道は政治活動と切り離せないと思うけどね・・・
わかってて政治家も存分に利用するじゃないですか。

「テロ」について調べてみると、まさに考えてたとおりの指摘があったのでご紹介。↓


非難用語としての「テロリズム」

一般的に、テロリズムは「非難される行為」と位置づけられる。
また同時に、テロリズムは「周知されることで恐怖心を呼び起こすもの」である。
この点において狭義の意味での暗殺とは異なる。
直接の攻撃対象以外(大衆)を操作・支配する目的で無差別に、あるいは象徴的な人物を攻撃する手段は、強い道徳的・倫理的非難の対象となる。

そのため、「テロリズム」という言葉の持つ、強い反道徳性・反倫理性を活用するかたちで、「自らとは異なる立場に立つ者のアピールや実力行使」に対して、「それはテロリズムである」というレッテル(ラベル)を貼るという方法で、非難を行うという方法論・戦術がある。
この非難の対象とされるものには、しばしば政治的アピールや非暴力直接行動などが含まれる。歴史的にも労働者の争議行動やガンジーの非暴力不服従運動をイギリス政府はテロリズムと位置づけた。

しかしながら、ある行動が、利害が対立する者からの「テロリズム呼ばわり」に基づいてテロリズムになるわけではない。
利害対立者の行動をテロリズム呼ばわりするというのは、単に言語上の修辞(レトリック)である可能性があり、その行動がテロリズムに分類されるべきものであるかどうかを決定するものではないということには注意する必要がある。
しばしば「利害対立者からのテロリズム呼ばわり」は、テロリズム呼ばわりした者とテロリズム呼ばわりされた者との不仲の存在証明にすぎない。
(引用: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』


・・・あースッキリした・・・

今回の首相発言はまさにこの「非難用語としてのテロリズム」の域を出ていないと思う。
それを「言論テロだ」と本気で批判(?)するのはブッシュの「対テロ戦争」を盲目的に肯定するのと同じくらいズレてると思う・・・けど、どうでしょうか。


にゅうす / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
思わず涙ぐんだこの記事・・・
『50床未満で不在者投票「いい世の中に」期待』


都内でも選挙カーがあちらこちらでぐるぐる回ってる。
掲示板にはずらっと様々な顔が並び、にわか仕立ての選挙事務所が華々しくOPENしてる。
スピーカーの音を響かせ、乗ってる関係者とおぼしき人は半開きの窓に肘を乗せてぼーっとしている。

朝の駅前には対立候補同士が道を挟んで、互い違いに「よろしくおねがいします!」「いってらっしゃいませ!」「ご苦労さまです!」と叫んでいる。
・・・あ、あほか・・・
そりゃ駅前に人は集まるだろうけど、こんな至近距離で自己主張しあってどうするんだい・・・互いに討論するならまだしも、本人不在のところで明かにアルバイトと思しき若者同士がお辞儀してるだけじゃないの。
互いの存在を見ぬフリで自分の候補だけ宣伝するというこの姿勢・・・(−−;)


さらにこの間の都知事選。


変人奇人大集合のあのバカ騒ぎは…何なんだ。
本気で政治家やってやろうという人間は(残念ながら)やはり現職しかいなかったし、当然の結果でしたが。

存在感の薄い首相はあれよあれよという間に重要法案をあっさり可決するし。

まさに政治活動真っ只中の知事は射殺されるし。

何より気持ち悪い(しかし当たり前)なのは、そんな日々でもチャンネルを替えれば決まった時間にバラエティ番組が賑やかに放映されてて、上記の問題は「ワイドショー」と「ニュース番組」の中でしか脚光を浴びないという・・・事実。


・・・と、何だかうんざりしてたところ、冒頭の記事を読みました。

少し涙ぐんで、恥ずかしくなりました。


「選挙の時は朝一番に並んで投票所が開くのを待っていた」


国民に与えられた権利が輝かしく意味をもっていた時代を生きた人の言葉は重い。
こんな世の中であろうとどんな世の中であろうと、


「いい世の中に」


と願い、考え、選ぶ。

その行為を、94歳の今も信じて、行う人がいるのです。



選挙権を得て早4年、未だ一度も投票したことがない私・・・(><;)

(開票のアルバイトはした。手が腱鞘炎になりそうになった。時給結構高かった。)

「言い訳」をすると、大学生の時は住民票が沖縄にあったので京都の選挙には投票できず。ならば沖縄の選挙には不在者投票とかしなきゃいけないのに(ブラジルから投票する県民だっているのに)、資料を送ってもらって眼を通すので精一杯…ふゆくさらーな私、結局しなかった・・・


よく、不投票も政治意思表示とかいうけどねーやっぱそれ違うと思うわ。

どんなに「ダメだこりゃ」と思っても、「いい世に」と悩んで、迷って、考えて選択する、実際に行動しないことには、どんな愚痴も不満もただの呟きにすぎん。



・・・ちなみに開票バイトしてるときには「バカ」とか「死ね」とか「みんな落選」とかわざわざ「投票」しにくる輩の存在はマジ切れしそうになったけどね・・・(^^;)


投票用紙ってさあ〜2つ折を開くのも大変なのに!

三角形だのジャバラ折だのされた挙句、開いたら「白紙」とかいるとな・・・

ふざけんなーーー!!!ぶー



さてさて。

次回の選挙にはちゃんと行かなくちゃね。
その前に、今この国で何がおきているのか、しっかり見て、調べて、考えないと。
にゅうす / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
県立博物館が閉鎖してしまいました。
「沖縄の歴史伝えて40年 県立博物館が今月閉鎖」


道路拡張で移転するらしいのは知ってたけど、おもろまち(新しい市町村のネーミングセンスって…)だとは知らなかった。

首里の真ん中にあるこの博物館、高校のすぐ近くにあったけど入館したのは大学生になってからでした。確か藍染展をやってたはず…2年前かな?
建物が老朽化してるのは一目瞭然ですが、展示品が県立博物館にしては少ないな〜っと多少物足りず、これも沖縄戦の影響か、と思ったものです。
展示の仕方も昨今の博物館ディスプレイのレベルを考えると結構お粗末なものでした。
しかし、草創期にはさらなる苦労があったんですね!!

民間からの寄贈で始まったとは知らなかった。
大城立裕氏が館長やってたのも知らなかった…

でも寂しいな〜あの県立芸大沿い、龍譚池の風景の一角にあるのが当たり前の建物がなくなってしまうなんて(><)
周囲で長い間住んでいる方々は尚更残念だろうなあ。

とはいえ、新館に期待です☆
博物館や図書館が担う地域の文化的・学術的役割は今後もっと高くなっていくんだし。


博物館といえばうちの島の博物館もすごいよ〜↓

 「Area 2」様サイト内より外観。 


写真には写ってないけど、この横っちょに生えてるアコウの木が、この間帰ったらハゲになってた…どうしたんだろうか。
あと、道路向かいにあった古〜い瓦屋根民家が崩壊してたのも残念…(^^;)

すごい小さくて狭いのよ、この博物館。
入館料、前はこども50円、大人100円。

採算が成り立つのかと子供心に心配しつつ、冷房もないのに涼しいあの薄暗い空間が好きでよく遊びに行っていた博物館です。
というか、小さいときの私の遊び場は図書館か博物館か文化会館くらいしかなかったよ。
新館ができるのできないの言ってたの私が小学校の頃でしたが、予算ないんでしょうか、今後どうなるんだろう。

この博物館の面白いところは、23年前から全国に先駆けて主催している「こども博物館」なのですが↓


25人の児童修了証 子ども博物館が終了式


小学校5年生を対象に毎年行われる体験学習ツアーです。
一年かけて八重山諸島の歴史と文化を学び、修了式にはこうして手漉きの和紙で修了証書をもらうのです。私も元受講生のひとり☆

民間の講師を招いて、子ども相手に結構ハイレベルな文化講座もあるんだよね…旧石器時代の人骨の話とか、うつらうつら机に頭をぶつけながら聞いた覚えしかない(^^;)


ところで、館長さんまだ黒島さんなんですね〜お元気でしょうか。
もじゃもじゃの白髪を逆立てた、いかにも学者然とした不思議なおじさんでしたが(^^)
中学校の頃学校の近くで遊んでたら、道端で方位磁石をもってうろうろするスーツ姿の変な人を発見し、よく見たら黒島さんだったので声をかけたところ


「おお、mekeか、君、北はどこだと思う」

「北?あっちじゃないんですか」


と北を指差したところ、


「…と思うだろう、違うんだよ。ズレてるんだよ、ほら」

と方位磁石を見せて何やら地図に書き込んでいる。
何してるんだろーと不思議に思いつつそのまま別れましたが、今思えば居住者の方位感覚と実際の方位のズレを調査していたと思われます。
何の研究なのか大変興味深深です。
今度帰ったら久々にお会いして聞いてみよう。


こういう、いわゆる郷土史家・芸能家と呼ばれるえてして不思議系のおっさんが、小さい頃の私の周りには結構いました。

長年気象台に勤めていた親戚のおじーは、こないだ遊びにいったら「文献に記載される星座と実際の星座の位置や見え方を比較した星図」を作成中とのことで。
理系の才能は皆無の私に向かい、延々講座して下さいました。

小学校の校長は、校長として…というより校内の草刈して三味線弾いてる姿しか覚えてないのですが、去年のお正月に近くの浜で偶然出会って挨拶したにも関わらず、ほとんど無視してひたすら三味線弾いてました…ふ、不思議な人…(^^;)

うちの祖父もそうでした。
そういや父もそうでした。

父など、実際何の仕事をしてるのか小さい頃も今もわかりません(−−)
本人も「遊び人」だと自称してますし、周囲からもばっちり「変人」のレッテルを貼られ、日々本と紙に埋もれ、あちこち放浪しております。
これも小学生の頃、連れてってもらった市営プールで(海近いけどあんま行かない)、子どもの監督もせず黙々とプールサイドで本を読んでいた姿が印象的です。
知り合いの監視員に「さすがあんたのお父さんだね」と言われ妙に納得。

こういうタイプのおじさんは、大抵奥さんが恐ろしく苦労しています。
沖縄の女性が強い、といわれるのは、こういうよくわからん旦那を抱えて子どもを育て上げるとこにあるんでしょうね〜きっと。


…あらら、何の記事だかよくわからなくなってきました。
とりあえず、県立博物館と沖縄文化のこれからのさらなる発展を願います♪
にゅうす / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
演技とスポーツの間で…
二時まで粘って起きてたんですけどね〜耐えかねてつい眠ってしまった間に!

荒川静香金メダル〜!!!!

ぎゃーっ悔しい、リアルタイムで観たかったのに〜!!!モゴモゴ

でもホントに嬉しいですね、大逆転金!!ラブ

長野オリンピックでコケちゃった姿が未だに印象的だった彼女…

ものっすごい成長ぶりですね〜!柔らかな身体のラインが本当にキレイ♪

テレビで何度も映像流れてますけどやはり他の選手も含めて全部観たかった…ポロリ

メダル圏内で競い合う選手たちの高レベルな演技を観るのは勿論スキですが、

大舞台で自分のレベルを越えようと集中する選手たちの演技を観るのも大好きですてれちゃう

にしても荒川選手、あの貫禄で24才ですか…1コ上なだけとはたらーっ

村主章枝だってまだ25才…風格ありすぎです、二人とも!!

でもよく考えたらフィギュアスケート選手のピークって凄く早いですよね〜

ミシェル・クワンだって1980年生だからまだ26才なのにもうずーっと

ランキング上位常連の超ベテランってイメージあるし…いや実際そうなんですけど。

13歳から15,6歳でぐーんと目立って成長してくる選手が多いだけに

その中で常に高いレベルを維持できる選手って本当に凄い。

そういう意味で、特に村主選手の集中力や粘りには惚れ惚れします(*^^*)

スルツカヤも持病やプレッシャー抱えながらよく頑張ったよなあ…

華やか〜に見えるけど、地道な努力と強い精神力が最後にものを言う

「スポーツ」、フィギュアスケート。
 
採点競技っていまひとつ釈然としない結果だったりすることが多いわけなんですが

(今回の男子高橋とかね…別に贔屓してないし織田選手のユニークな顔

結構スキなmekeとしては特に気合いれて応援してたわけじゃないんですが

あれちょっと点数低すぎじゃないですか??汗そんなものかな〜モゴモゴ

演技とスポーツの間でより高いレベルを魅せなければならない選手たち。

そりゃあんなに若いのに貫禄もつくはずだよな〜っとしみじみ思いますプシュー


そうそう、演技とスポーツの間…で思い浮かぶのが王様・プルシェンコ。

彼もまだ23才ってのにたまげましたけど、

この前K氏と一緒に彼のフリーの演技観てたら氏が一言。



「あ、そうか、フィギュアってスポーツやねんな」


「うん、そうだよ、実はね」


「なんかいまいちピンとこないと思ったら、そうかスポーツか〜

 芸術性はないもんな、この人。



…OH!!王者にすごいモノ言いだぞ!たらーっ

しかし実はコッソリ私も感じてたところではあるのでボソッと呟いてみます…

彼は完璧にスポーツとしてのフィギュアを極めてますね!

あんなに安心して観れて、間違いなく勝つなって選手いないもん!!

でも…ワクワクはあまりないかも…あわわ、ファンの方怒らんとってな汗

何だかね〜凄いのですが、観ててウルウルするほど感動したかというと…

や、そもそもスポーツなんだし、「感動をありがとうっ」とか

「感動したっ」を連発するスポーツキャスターや某首相には辟易するんですけど、

(感動させるためじゃなくて自分に勝つために競うのがスポーツなんだし)

それでも何かこう、ぐっと研ぎ澄まされたエネルギー?が感じられなかった

というか…フリーの最後とか「て、適当??汗凄いけど…」


なーんて思っちゃいました…あんまり言えませんけどね…言っちゃった〜

っとここまで書いたところでいろいろ調べてたらこんなブログを発見。

→「AppleよりSimipleな日々」


超素人の私よりももっと深い観点から非常にわかり易く

プル氏及びフィギュアの世界を語られており、考えさせられます。

成る程…私の周りでも「ヤグディンの方がよかった!」と批判する人おりますが、

難しいですね…アスリートの世界は私たちからは想像もつかない程

険しくて切ない、だからその一瞬を観る度に執拗に「感動」を求めてしまいます。

メダルメダルしつこいっての!皆必死じゃんよ…と斜に構えてはこの4年に一度の

世界的カタルシス(と葛藤のスパイラル現場)をみてしまう天邪鬼mekeなのですが

それにしても改めて、荒川選手の演技は素晴らしかった拍手

世界的にも国内でも高いレベルの中で極めた精神力、「自分の」演技。

高い技術は勿論のこと、フィギュアという競技に賭けた静かな情熱に圧倒されます。

そんでもってこんなしなやかで強い気を放つ彼女がまだ24才ってのに

つくづく溜息出ちゃいます…頑張らなな、私もモゴモゴ



そうそう、久しぶりにプルシェンコのドアップみてたら高校時代を思い出しました☆

ソルトレークの時高3だったんですけど、周りにフィギュアファンが沢山いたんですね♪

毎日テレビにかじりついて皆で観まくってました(寮生だったんで)。

時には校長室に押しかけて見せてもらったりね…イヒヒ

こっそり観戦してた校長先生が生徒に見せてくれたってのもほのぼの楽しかった♪

で、その時の友人のひとりがプル氏に命名したのが…ポット。

鼻が給湯ポットみたいだからって…嗚呼、以来つい彼をみると

頭の中で「ポットポット…」と呟いてしまうのでしたプシュー

ごめんね、王様たらーっ

でも改めてみたら普通に男前だったんで驚いたわ☆



そんなわけで、今夜のエキシビジョンが非っ常〜に楽しみであります♪

今日一日風邪でダウンしてたので睡魔はございません。

トップアスリートたちのプレッシャーのない競演に酔いしれるのだ☆

プルシェンコのビールマンスピンみたいなあ…ラブ

お伊勢参りの後半はまた明日に繰り越しますね(^^;)/




*ランキングに参加しております。*
よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv
人気blogランキングへ
学生ブログランキングへ
0574 W.S.Rへ
にゅうす / comments(2) / trackbacks(1) / meke /
ウルトラの街、誕生。
>ウルトラマンの街、誕生へ−タイ


スミマセン、写真のインパクトが凄くて…ついたらーっ

何となく涅槃の仏陀を連想してしまいましたが、あれはタイでしたっけ?インド??

この口から出入りする、とかだったらいーのにな。

その瞬間目がぴこーんと光って「じゅわっ」と言ってくれると尚良い…

そういえば生まれて初めて買った自転車はウルトラマン柄でした。

女の子モノが島に出荷されるまで待ちきれなくて…

タロウかウルトラマンかで悩んだ挙句選んだ、最初で最後のヒーローグッズでした。

あ、タイムリミットです。

今夜も朝までバイトだぜ…がんばるぞうっイケテル
にゅうす / comments(0) / trackbacks(1) / meke /
高校球児に幸ア〜レ〜!!
ふいい〜〜今日(?)も朝までバイト頑張りましたよ〜!!!(><;)

昨日は週に二時間しかない授業を

ゴルゴ13の立ち読みで危うく遅刻しかけましたし汗

演劇月間も乗り切った今、気を引き締めて生活リズムを整えねば。



おはようございます、mekeでっすラブ



一週間、演劇公演のためにお休みをもらったバーテンのバイト。。

そのうち一人で立たされそうなんで早く仕事を覚えなきゃですショック

…で、今日はこれからスズメの声と共にオヤスミナサイのはずが…zzz

今ヤフートピックスでこんな記事を発見し、テンション急上昇っ!!!




<秋季高校野球>最南端 離島の高校が初陣4強 九州大会




おおおおお!!!!

遂に!!!!


島悲願の甲子園出場が目の前にーーーーーっっ!!!!野球


ハイ、最近初公開が続きますが、コチラのこの島こそが

meke生誕の地なのですよ〜楽しい

夕方既にスポーツマニアの弟から速報が届いていましたが、

こうして全国ニュースになってるのを見ると…

やっぱ嬉しいですねえ(*^^*)

ベスト4ってことはほぼセンバツ当確路ですよねえ??

ああっ、でも確かセンバツって3月頃ですよね…忙しいかなあ!?(><)

関西にいる間に一度は甲子園で地元を応援してみたいものです!!

ちなみに私は高校から本島の方に出てしまいましたので

この高校が母校というわけではないのですが汗

父も元野球部だったりしますので、さぞ喜んでることでしょう祝



沖縄県は陸上や水泳等、持久力を要するスポーツはまるでダメなのですが

球技(野球、バスケ、ハンド等)やボクシング、

最近はゴルフなんかもえらい盛んなんですよね〜

特に野球界は戦国時代のよう。

よく出場する沖縄尚学の一人勝ちなんてことは決してございません。

地方大会もすっごく面白いのですよ〜vvv


あ、あとスポーツとは違いますが、

部活ではマーチングバンドなんかも人気!

うちみたいな小さな島の小学校でも全国大会目指して頑張ってるようです。

(鼓笛隊と一緒にされると怒るのがマーチング経験者^^;)

こんな私も大昔にすこーしだけ経験有り。

音楽にかけちゃほとんどの人が一芸持ってる県民性なのデス。

ああ、私も吹奏楽部員になって甲子園で応援してみたい…

『ハイサイおじさん』やら『島唄』やらメガホンぶら下げて応援したい…



おおっと、もっとイロイロ書きたいところではありますが…

流石にちょいと昼までオヤスミナサイっ=3






*ランキングに参加しております。*
よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv
人気blogランキングへ
学生ブログランキングへ
0574 W.S.Rへ
にゅうす / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
ナポレオンの帽子、競売に。
いや…その、まんまなんですけど、

ついこの画像にクスリときちゃいましたんでご紹介↓(^^;)



ナポレオンの帽子が競売に出たんだって。



ええ、マジシャンの二人組みではございませんよラブ

ナポレオン・ボナパルト(Napoléon Bonaparte)、

フランス革命後の第一帝政の皇帝でございます☆

ダヴィットの『アルプス越えのナポレオン』でもお馴染みのこの帽子…


果たして本物なんでしょうかね??汗


てか…デカッ!!!冷や汗

こんなんかぶってたら首コリまくりですよ〜(^^;)




ナポレオンといえばねえ…

ポプラ社の子供向け伝記シリーズを読んだ時、

若き頃の肖像画は男前で惚れたのに後半ページに載ってた

晩年のでっぷり太った姿に驚愕した思い出が…(^^;)

あ、そういえば高校生の頃、美術館でやってたナポレオン展で

彼のデスマスクや遺品を目にする機会がありました。

すごく…疲れた、かつては皇帝だった男の顔…



1816年、当時薩摩藩の支配下にあった琉球を訪れたイギリス海軍士官

バジル・ホールという人物がおります。

彼は帰国後『大琉球航海探検期』を著し、その中には

当時セント・ヘレナ島に幽閉されていたナポレオンとの会見録も。

何でも彼はホールから「琉球には武器がないこと」

「他国と戦争をしたことがないこと」
等の報告を聞き、

驚いたとか驚かなかったとか…

まあ薩摩藩による刀狩で武器を所有していなかった等の事情もあるのですが、

一生を戦争と支配に費やし、一瞬の栄華の後挫折した男には

遥か彼方、武器を持たない南海の島国がどのように受け取られたのか…

なーんてことを、物言わぬデスマスクを見つめながら想像したものです。。



…あ、さらに肖像画で思い出した。

私、今度の演劇でやるが決定いたしました!!


『モナ・リザ』です。


役ていうかね…背景っていうかね(^^;)

額縁しょって立ってるだけなんですけど…

たまにマバタキしたりして遊ぼうっと〜エヘ。ラブ





*ランキングに参加しております。*
よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv
人気blogランキングへ
学生ブログランキングへ
0574 W.S.Rへ
にゅうす / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
軍事イルカ・・・??
>軍用イルカ、ハリケーンで逃げ出す
=毒矢装備、ダイバーに危険も=




…はああ??

何やってんですかね米軍は…てか人間って…(T−T)

いや、mekeは実はイルカやらクジラやら苦手なんですよ。

ペンギンもアシカもトドもアザラシもラッコも駄目ショック

なんていうか…賢そうな故に何考えてるかわからんというか…

あの「目」が怖いというか(><;)



しかしこないだ初めて水族館のショーを観まして…

成る程、あんなエグイ連中(ゴメンね)が何故子供たちの人気者なのか

ちょーっとわかったような気がします。



イルカって…検尿も献血も診察もできるよう訓練されてるんだって!

スゴイなあ…あんなに大きな哺乳類が海で生活してるなんて…
 
こないだ鹿児島から船で島に帰ったとき、

夕日をバックに船と一緒に泳ぐイルカをみてちょっぴり感動しました。


「あ、イルカもいいかも」 なーんて(^^;)



しかし…

あれを兵器にしてしまおうという人間の発想力の恐ろしさ悲しい

今度の米ハリケーンはほんと、「大国」のあり方を

つくづく考えさせられますね。。

救援物資も援助もなく避難することもできず、

略奪しなけりゃ生活できないスラムの人々。

そして彼らに銃を向ける州警察…同じ国の人間なのに…


あーなんか起きがけからやなニュースみちゃった(><)

今日もいいお天気です、がんばろっと。





*ランキングに参加しております。*
よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv
人気blogランキングへ
学生ブログランキングへ
0574 W.S.Rへ

にゅうす / comments(0) / trackbacks(0) / meke /