旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< おっはようございま〜す☆ / main / あなたの秋はどんな秋? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
おたんじょうびはめでたいか。
等間隔の水音で目を覚ます。


雨音なのか、庭の池の水音なのかはわからない。


足下に何やら大きな温かいカタマリがあって、


それはじっと別方向を見つめるK氏であった。




「今日何の日か知ってる?」



「…仕事の日」



「いや、もっと他にあるでしょ」



「…あ、そうか、誕生日や」





そう、今日はK氏の誕生日。

おつき合いが何となく始まって丸三年、

記念日等を覚えられない私がようやく覚えた数字のひとつである。



確か去年は鎌倉へ行った。

私が強引に引きずっていった。

記念日がキライなのはそこにオンナの怨念が絡むからで、

そのしがらみがイヤでイヤでたまらなかったはずなのに…

やはりそこは逆らえない性なのか、

他の女の子に占められるのが非常〜に不快だった私は、

数週間前から断固譲らずこの日を捕まえたのだった。



直前に『装苑』の特集記事を読み、

「コレだーっ!!」と直感で選んだ

鎌倉文学館のバラ園。 


普段行き当たりばったりのmekeとはいえ、

たまには気を回してエスコートなんかもいいんじゃな〜い…

と、ひとり悦に入っておりましたとも。



…ところが。



怨念パワーはよからぬモノまで引き寄せてしまい、



季節外れの台風が来襲。強風




バラどころか雨大風で通行不能の江ノ電電車


それでもひしめく観光客、


一向に前進の気配を見せない市バス、焦るmeke、苛立つ乗客、


もっと苛立つ当の本人…失恋










心底、誕生日なんぞキライだっ、と呪いましたとも悲しい

気にしたくないのに気になってしまうので。

「おめでとう」ってなにが「おめでたいんだか」

なーんてひねくれたこと考えてるくせに、

祝ったり祝われたりするのは…やっぱり嬉しいものなので。

それでも、でも。



この世に大好きな人が生まれ出てくれたコトってのは、

やっぱ最高の奇跡だしスゴイことなのだ☆




…でも、天の邪鬼のmekeさんは


「おめでとう」


の一言がむずかゆくって…言えなかったりするのでした。

ハイ、変ですね失恋

わかってます、わかってるけど今年もやっちまうのです。

お誕生日に限らず、日々大切な人の側にいることを

しみじみ「スゴイなあ」「ありがたいなあ」「めでたいなあ」

…と感じているなら、特に日付にこだわることはない…

とか何とかゆっときながら、

一番気にしてるというおかしなmekeゴコロ(T−T)




因みにこの鎌倉文学館。

期待してた常設展は正直、さほどのモノでもなかったのです。

これも内心大ショックでして悲しい

与謝野晶子の自筆掛け軸にパワーを感じたくらい…

ところが、当時やってた企画展、

高浜虚子の娘で俳人の星野立子。


彼女に救われたの!!!!(T−T)


無言で館内を巡りながら、唯一立ち止まったのが彼女の絵。

やわらかな、バラの花びら。

やわらかな、ことばのひとつひとつ。

彼女のことばがなければあの強引デートは

かなり殺伐とした結果に散ったことでしょう…

事実K氏も帰り際にそう呟いたものです。




そして今年の誕生日。

もうあんな思いはさんざんなので、

欲しくてたまらないくせにまた知らんふりをしてました。

ちょうど私にも予定があって、

あちらにも別の予定があったので。

ああ、しょうがないもんな、また来週会えればいいし。

そんな風にして、忙しくして、その日がやってきました。

それなのに。 

ほんとに思いつきのように、彼は私を呼びました。

当たり前のように、私はその傍に飛んでゆきました。



そしてその時間は、本当に本当にステキな時間だったのです。

あの今が、この今とつながっているようで、

でも空間は全く別々の場所で、


あなたはそこに、わたしはここにいる。


このどうしようもない事実が、苦しくて、愛しくて。




遠くの人を想う、ということは

とても哀しく、しあわせな愉しみなのだ。






色恋沙汰とかエログロとか。 / comments(2) / trackbacks(0) / meke /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
≫ 遠くの人を想う、ということは
≫ とても哀しく、しあわせな愉しみなのだ。

痺れる結びですね。大きく頷いてしまいました。
距離や時間は互いの都合でなかなか思い通りになりませんけど、何故か全部置いてふたりの時間を作りたくなる最近です。秋だからでしょうか…(のぞみさん速くてありがとう!)

mekeさんも今を楽しんでくださいね〜。
| alisa | 2005/10/16 2:10 AM |
秋になれば秋がすき、冬になれば冬がすき〜☆
季節のうつろいごとに気持ちもゆっくりと変化してゆく過程をいつでも楽しく味わえるようでありたい・・・と思いますね☆
忙しすぎるとついその両方を忘れがちなので(;;)
(そしてホントにのぞみさんの頑張りには感涙です^^;)

alisaさんとも、ゆっくりのんびりステキな関係を築いてゆきたいなあ〜と思いマス♪(*^^*)
| meke | 2005/10/17 2:35 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comicstrip.jugem.jp/trackback/87
トラックバック