旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< インフル…やりやがったな… / main / あー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
選書してました。
実習中のクラスの学級文庫が凄く少ないので、

担任の先生に了解もらって私の部屋の本たちを一部寄付させてもらうことにしました。

手始めに、当初るちみに送るつもりだった『九龍城』の図解をあげたらまあ結構な人気で。


大図解九龍城
大図解九龍城
九龍城探検隊


るちみすまん…先に送ったやつだけで勘弁してくれ(^^;)

どうしても欲しかったら次の誕生日にまた贈るよ☆


で…

買ったはいいけどあんまり読んでない本、一回読んだからもういい本の中から

小学生にも大丈夫そうなやつを7、8冊セレクトしてみました。

まあ東野圭吾読むくらいなんだから何だって読むだろうけど

(私なんて小六の時は横溝正史や志茂田景樹のエロ推理小説ばっかり読んでたし…)、

「先生」が勧めていいかどうかはまた別というわけで…一応内容チェックしてたんだけど。

藤原新也の『メメント・モリ』は流石にマズイよな…いい本だけど(^^;)

犬に喰われる死体の写真みて給食食べられなくなったら大変だ。

あと『古代インドの神』も。写真や解説豊富で面白いんだけど、

カーマ・スートラも載ってるからマズイよな!やっぱ。

小さな子たちをみてると、広大な読書の海をわくわく読み進めてるって感じの勢いが何とも羨ましい。

大人になると時間つくって必要な本を選んで読む、って感じだもんなあ…


自分が小学校の頃、あまりにもドイルか平家物語ばっかり読むので、

父親に「読書の幅を広げろ」とこの人には珍しく訓戒めいたことを言われた記憶がある。

かといってあれを読めとかこれを読めとかは言わない親ではありましたが。

幅って何よ!文豪ってやつか?っと思い

とりあえず『カラマーゾフの兄弟』を読んで2ページで大挫折。

幅は…無理に広げようとせず、時がくれば自然と読むのが一番だよ…などと思ったあの日。。

しかし今になって思うと、自然なタイミングって「そこにそれがたまたまあったから」

ってのも大きいと思うんだよね。学級文庫にそれしかないから仕方なく…みたいな。

そこで今の自分とは全然かけ離れた価値観の本に出会うことができるってのは

いい経験なんじゃないかなーっと思う次第。

九龍城の紹介の時に香港返還の話したら「返還って何ですか?」って興味も出てきたみたいだし。。

これから沢山の「知らないこと」に出会っていくんだなーっと思ってみると、

やっぱり小学生ってのは希望と可能性のカタマリなのだな、と感動しきりの今日この頃です。


ブログランキング★日記
人気ブログランキングへ

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい) ★★★☆(すごい) ★★☆☆(とても良い) ★☆☆☆(良い) by TREview

ほほほん / comments(0) / - / meke /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする