旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ゼロ〜 / main / 曇り空の沖縄〜路地裏編〜 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
曇り空の沖縄〜うみ編〜
沖縄といえば年中青い海、青い空なイメージですが、それはちょっと違う、と思う。

確かに現在の気温は25、6度だから過ごし易いっちゃそうなんだけど、

私の記憶の中の沖縄はカラッと青い空、というよりどんより曇り空であることが多い。

特に冬の沖縄のどんより具合ときたら、ただでさえ空が低い(近い)のですごい圧迫感…

だと、思ってる。風もすんごいし。

それが息苦しい…って感じにならないのは、やっぱり海が近いからかな〜?

そんなわけで、今回の島帰り、最終日に近所の海に行ってきました。

ちょこっとだけでも雰囲気を感じていただければ(^^)





チャリをこぎこぎ海へ向かいます。
数年前に道路が舗装され、ガタゴト山道だったのがこんなに広くなりました。





ちょっと前まで、こんなもんじゃない密林具合だったのにねー



お、見えてきました。



潮風にやられてつるっぱげの枯れ木。



小さい頃は、ここは本当に山道だった。
草木をナタでかきわけながら進むくらいの細い道。
実は今よりもっと漂着ゴミとか多くて汚なかった記憶がある。



村の行事に欠かせない、拝所のひとつ。
祭事の度にここに村人が集うのです。
海の向こうから神の使いが穀物を運んでやってきた…という、
沖縄の島々に数多いニライカナイ思想の拠点のひとつですね。



かつて観光客なんぞほぼ皆無の浜だったのですが。
道ができてからは時々不埒な輩が車で浜に乗り上げてきます…
おーい 水着で泳ぐのは隣のビーチにしてくれ!!
(誰もいなさすぎて溺れたらヤバイぞここ)
そして砂は勝手にもってくな!!ヽ(`Д´)ノ



この海岸は砂、というより粒の大きいサンゴの欠片が多い。



潮風、台風、夏の直射日光、自然の猛威にさらされた植物達の面構えは
どちらかというと 近寄るな! って感じで鋭い。
近寄ったところでアダンの葉に刺されるからあんま近寄りたくないが。



アーサー(海草)採りをしている人たちがいました。
ちなみに時間は昼の10時くらいです。



どどーん

低い海鳴りがします。勿論干潮です。



向こう側にリゾートホテルが見えます。



離島に生まれたお陰で、それこそ飛行機には数え切れないほど乗ってきているわけだが

9.11テロが起こってからというものの

考えすぎかもしれんが飛行機に乗るときにはちょっと命の覚悟をしてしまう。

前は結構スキだった「エアポケット」のふわーって感じも、今は抜けるとほっとするし。

加えて妹1が「飛行機が何故飛ぶのかって、まだ完全にわかってないらしいよ」と、それこそ本当かどうかわからん恐怖の噂を小耳に挟んでくれたので、そういやこんなでかい鉄のカタマリに何気なく乗るって怖ええ!!っと思ってしまう…くそーなんてことを言ってくれるのだあいつは。。(;;)

交通事故に逢うより飛行機事故の方が確率低いってのもききますけどね…


しかし

島に近づいてきて この海岸線が徐々に目に入ってくると

まあ 馴染みの風景を眺めながらだったら

ここで万が一のことがあっても別にいっかなーとか思ってしまうのだ。

飛行機は離陸着陸前後が一番危険らしいので

旅立つ時は常に心の中で先祖&島のカミサマ達に猛烈に祈ってみたりもする。

普段とんと神頼みはナシなんだが、この時とばかりに(^^;)

カミサマが今後もゆったりいらっしゃれるよう、

ちゃんと心を尽くしてあげなきゃ…ね。島の人間も、観光客の皆さんも。

ブログランキング★日記
人気ブログランキングへ

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい) ★★★☆(すごい) ★★☆☆(とても良い) ★☆☆☆(良い) by TREview

南の島 / comments(0) / - / meke /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする