旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 新世界巡り / main / びよ&じゃすてぃんのパロネタ ”Single Ladies” >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
新世界巡り


新世界・日活。
ポルノのロマンスショーが観れるらしい。



ナイスすぎるタイミングでおじいちゃんが現れ、上映時間チェック。
「完全に仕切られた個室」「カップルシート席」「一般席」
しかし…人の気配はまばら。。



大空美樹は有名ですよね。



さらに奥に進むと「国際地下劇場」を発見。
手描き看板が哀愁を誘う。プロの技である。



「韓流復讐劇と感動作の3本立」



うーん 壮観。
もうちょっと近寄ってみましょう。



何というか、完璧すぎます…
どう想像しても映画の中身がぱっとイメージつかん。凄い。



その先に進むと、さっきとは反対側の通天閣が見えます。
上ってみようと思いますが、結構な列ができているようなので却下。
そういやまだ京都の和ロウソクにも上ってないんだよなー



ビリケンに群がるおこちゃま。
この後、後ろの串かつ屋で2本だけ串を食べる。
ソースの二度漬けを極端に警戒して食べてたら、「バナナにソースつけたでしょっ!」と妹にキレられ、謝りまくる。
しかしそれは牛であり、しかも後から出てきたバナナ串にはちゃんとソースが。。



むっ 何かいる!!



「LOVE ホッ 営業虫」
…つっこまんぞ、ここは敢えて通り過ぎてやるぞ…とはなかなかゆかぬわけで。。



帰り道、青空の下飛行機雲をしょってたつ愛の城。


以上、上野よりも「ヨロシク哀愁」な感じの強く残る新世界でした。
こうした風景もあと10〜20年も経てば消えてゆくのでしょうね…
乱立する串かつ屋のキレイさやチェーン店っぽさに、既に消えていった何かの気配を感じてしまいます。安易な感傷やレトロ回顧はよしておかねばなりませんが。
エロと食と油のニオヒの間を闊歩する、両若男女家族連れの姿が不思議な光景をかもし出してる、現在の新世界です。
あの頃グラフィティ / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comicstrip.jugem.jp/trackback/649
トラックバック