旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< やったぜ / main / ♪おーれーをきらえばーあーいつーをころすぞー♪ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
恥骨を追え!
昨日のリベンジでビイルをぐびぐび。
おかずに空心菜炒めて食べました。
島の庭ではそれこそ山のように、食べても食べきれないほど生えているのに、
ここで食べようと思ったら一袋の量が全然物足りない。
しかし今日の八百屋さんは安かったので2袋買ってきちゃったのさ☆


昨日棚から発掘したナールズ・バークレイが気持ちよすぎる。

ロールシャッハなぷろもも声も、ずーーーっとリピートできるここちよさ。







今日はいちにち「恥骨」のことばかり考えてる一日であった。

府立図書館に何を調べに行ったかというと、「恥骨」のラテン語源&翻訳経緯を探しに行ってきたのである。

恥骨…

あなたの股の付け根のその敏感な骨ですよ…

少女が自転車に乗るとき時々強打して悶える(いやエロ全然関係ない)あの骨ですよ。


某所にてその英単語を「pubis」ということを学んだのですが、ふとその語源が気になりましてね…

ネットで調べてみたところ、「恥丘」を意味するラテン語は「monspubis」というらしいのですが、mons は「丘」、pubis は「恥骨」を示すらしい。しかしこの「pubis」を「恥」と訳した翻訳家は誰なのか?がとーーーっても気になった次第なのです。。

「pubis」の男性詞である「pubes」の元々の意味は「大人であること」「陰毛」「股の付け根」等を意味するらしい。それに「poplicus(人民)」を足したものが「publicus(公共)」→「public」…ほーらぷちト〜リ〜ビア〜♪

つまりギリシャアテネの時代、市民権を持っていた「大人の男」を意味する単語が元々あるわけです。ちなみに「puberty」は「思春期」。
たぶん、明治大正期の医学辞書翻訳時にどっかの誰かがこの「pubis」を『恥』と訳したはずなのだ。
それは果たして誰なのか??

まあ何となく「恥」としたい気持ちはわかります。
でも元々の語源は「大人」とか「成人」なのにわざわざ「恥」。
「股骨」じゃだめだったのか。
巡り巡って『解体新書』(by杉田玄白)まで探しちゃったじゃない。
でもPC画面じゃ解像度荒くて「処女膜」をギリ発見できたくらいでした…(^^;


『解体新書』


ふふふ
楽しいじゃないですか。
昨夜はこの謎にとりつかれて3時間くらいラテン語サイトを転々としておりましたよ。
ついでにこんなブログまでみっけちゃったよ。


『大人の英語塾』


うーん わからん。
そもそもラテン語源の意味自体は突き止めたわけなので、問題はその翻訳経緯である。
しかし翻訳の歴史書?ってやつがそうそう見つからないし…ハマるとまた面倒くさそうだし…とりあえず「恥骨」は今後の課題とすることにし、以下の本を借りてきてみました☆


日本翻訳語史の研究 (1983年)
杉本 つとむ

それこそ江戸末期の蛮書調書から適塾、森鴎外までをカバーする研究書。
なんか文体が柔らかくて、バカでかい研究書なのに頭からすっと読めてしまう良書♪
筆者は1927年生まれらしい…うーん、生きていらっしゃるのだろうか…あ、ご健在だ(^^;
えーっと、97年に定年により早稲田大学退官…鎌倉在住…
私と同い年のこの本に住所が載ってるのだが、まだ住んでらっしゃるのだろーか。
手紙でも出してみるか、いざ鎌倉してみるか。


明治大正 翻訳ワンダーランド (新潮新書)
明治大正 翻訳ワンダーランド (新潮新書)
鴻巣 友季子

そもそも、昨日カフェでこの本をざっと流し読みしたのがきっかけであった。
こちらは新書なのでさらに噛み砕いてわかりやすい。
ただし明るい喋り言葉の文体は好き好きかも…私はギリ許容範囲です(^^)


寺山修司 (平凡社新書)
寺山修司 (平凡社新書)
高取 英

こないだ「直感」で修司を語ってしまったので、ちょっとマジメに文学論とかでどう語られてるのかなーっと思って。
全体的にさらっと入門編って感じである。
まあ、修司も長い宿題として追いかけてゆこう。

ほか2冊いろいろ。

ふう お絵描きでもして気分転換するかなー

そうそう明日、妹,沖縄から遊びに来ます。何しよう。
ほほほん / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comicstrip.jugem.jp/trackback/586
トラックバック