旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< まいこー、お誕生日おめでと〜 / main / ゆくカフェゆく喫茶 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
遠足は家に帰るまでが遠足ですが
怪談は家に帰ってお風呂に入って、シャンプーをする時までが怪談です。


…だそうです…名言だね♪


さあそんなわけでどんなわけで。
一人で焼肉屋は流石にまだ躊躇してしまうmekeですが、今夜は遂にデビュウしてしまいました。

一人で怪談ライブ。

あ、でも淳二じゃないです(^^;)


るちみの都合がよければ、今日渋谷で行われたマイケル・ジャクソン生誕祝賀ダンスパぱーちーにも行きたかったんですが…まあ、明日は朝から巫女バイトでもありますし…断念しまして。
夏限定で通うお気に入りオカルトサイト


『あっちの世界ゾーン』


にて告知されてた怪談ライブin京都の方に遊びに行ってみることにしました☆


『全ての怪談の始まり 祭』


いや〜「映画見にいかない?」って気軽に誘える友達はいても「怖い話聞きにいかない?」って誘える友達ってのはなかなかいないもんです…(^^;)


しかもわざわざお金払ってまで。


弟か妹が近くにいればもいれば無理矢理参加させるとこですが…
毎度の事ですが、突然思いつく場合は一人で行動せざるを得ません。
ちょっと悩みましたが、一応、サイトに載ってた連絡先に当日券の状況など聞いてみることにしました。

何となく家電から電話。

…繋がりません。

ま、そこまで行きたいわけでもないし、いっかな〜っと切った5秒後。

お、折り返しきた!

家電にかけてくる人なんてほぼ皆無だからちょっとびびった!(^^;)

そこでやりとりした担当の兄ちゃんがなかなか明るい好感度高しな声だったので、もしかして結構いいイベントかも?っと、一人怪談ライブ参加を決意した次第です。


予約で料金なんと3000円。


ちょっとしたもんです。
1500円くらいなら兎も角、当日券は3500円ですもん…
それなりに気合を入れていると期待することにします!
一発イベントってわけでもないようですし。
怪談オンリーで活動されてるグループ『怪談社』さん主催↓


『怪談社』


京都を中心に活動されてるってことで調べてみると、おお〜やはり大将軍商店街の妖怪イベントにも関わられている様子。
惜しい〜ッ…こんな愉快な一連のイベントに、夏が終わる今頃になって何故気づいた自分…!(><;)
まあ忙しかったからしょうがないんですけども。

…で。夕方、そろそろ出かけるかな〜っと出発します。

場所は五条の歌舞練場。

嫌な予感がします。

京都駅周辺は相性が悪いのです。
前に三十三間道に行った時もさんざん迷いました。

…案の定、迷いました。

地下鉄五条を下りてすぐ、若者男性集団がある方向に向けて一列に歩いていたので、てっきり同志かと思って後をつけてしまったのです。
ええ、メモしてた地図は出がけに机の上に忘れてきました(T−T)
ぼーっと歩いているうちに、ふと方向が違うことに気がつき、途中の横道を折れる。
京都の道はわかり易いようでわかりくいんだよね〜
同じとこぐるぐるしてしまうと、もう頭の中の東西南北が滅茶苦茶。
るちみにメールしてナビしてもらおうかと思ったところで、犬の散歩中のおばちゃんを発見。

「じゃ、そこまで連れてったるわ〜」

ありがたや!

しかし連れてた大きなわんこが元気よすぎ、私にどついてくるのです…


「何をイキっとるんやろこの子は…ごめんなあ、まだ飼い慣らされへんねん」

「いえいえ〜(どすっ←尻にどつかれる)」

「歌舞練場、今日は誰が出てはるん?」

うーん、まさか怪談聞きにとは言いづらく

「いえ、人と待ち合わせしてるんです♪」


着いて思ったが、高瀬川沿いのお茶屋に囲まれたあの歌舞練場で人と待ち合わせ、はなかなかけったいなことに気がつく(^^;)
そのおばちゃんに途中まで案内されるが、またしても迷い。
その辺で猫に餌をあげてたお茶屋のおばちゃんに聞いてようやくたどり着きました。

いや〜五条の歌舞練場は初めて見たけど、怪談話をする環境としては最高ですね。
あの京都駅周辺独特の薄暗いじめっとした雰囲気の中、細い道の奥、木造二階建ての気合入った建物がずーんと佇む…わくわく度が増すってもんです。
しかも靴を脱いで中に入り、階段をのぼった先の会場がまたステキ。
だだっぴろい畳の間の上に座布団を敷き、周囲を取り囲む襖の上にずらっと並んだ提灯の光。冷房はなく、でかい扇風機がからからと回る。でも結構涼しい。
おどろおどろしいBGMが流れる中、朝から何も食べてなかったのでとりあえずおにぎりをぱくり…DMなど見たりします。

で、いよいよ開演2分前…というその時でした。


グラグラッ…!


…え、何こんなにボロい建物なのに、観客席揺らす演出装置なんてついてんの?
っとか思ったら…んなわけありませんでした…地震です、地震。
3秒ほどでしたが、震度2か3くらいありました。
今調べたら、震源地は滋賀県だったそうで。
雰囲気のタイミングよすぎ(^^;)

しかもゲストで語りに来られてたあの『新耳袋』著者の中村市郎氏によれば、落語家の笑福亭純瓶氏と丁度その時楽屋裏で雑談中だったそうですが、その話(も語ってくれたんですが)の中で、


「それで霊能者の方がエイッって言った瞬間、
 セットがバターンッて倒れてきたんですよ〜」


ってゆったまさにその「エイッ」の瞬間、地震が起こったんだって…!

す、すごいタイミングですねそりゃ(^^;)

そしてその話も怖かった〜(;;)


そうそう、全体的な感想を。

面白かったです!!
でも2000円くらいがよかった…なーんて貧乏人はちょこっと思ってみたり(^^;)
でもでもこのDM制作結構お金かかっただろーなー、ゲストさんも友情出演じゃなきゃ出演料払われてるだろうし歌舞練場借りるのも…なんて考えると赤字かトントンくらいでしょうから、このくらいは取らないとダメなんだろうな〜なーんて考えてみたり。

怪談聞きにいってほっぺたが痛くなったよ…何故か爆笑してきました(^^)
いやーさすがにね、怖い話に限らずみなさん話がお上手…超笑った。
そして人とツボが違うのか、ホラー漫画家のうえやま洋介氏の話は何故か私の笑いのツボを刺激してしまい、堪えるのが大変だった!
みんな深刻に「怖…」って固まってるのに。。

先の中村氏と笑福亭純瓶氏は流石にプロなだけあって、声が一番心地よく、聞き取り易かったです。イベント後のグッズ販売でしっかり『新耳袋』買ってサインもらっちった〜(^^)
このシリーズ、去年白金高輪の古本屋で時間つぶしに買って、営業中にビルの間で読んでて(サボリですな)、昼間なのに超〜ゾッとした思い出があります。。

続いて人気怪談ブログサイト『逢魔が時物語』の運営者、雲谷斎氏(3回繰り返して唱えてみよう)の語りで気になった点。

「親戚の子どもが」で始まった話が「すごい昔のことなので」って途中で状況がよくわからなくなったこと…「実話」と「虚構」は怪談の場合どうでもいい区別ですけど、設定はきちんとしてほしいなあ、なーんて(><)

あと、太平洋戦争モノの話はどうもあんまりスキになれない自分に気づく。。
あの戦争をエンタメとしてむやみに怖がったりするのはどうか…と思ってしまうんだな〜

氏の2話目はひめゆり部隊の話で、8月といえば終戦ですよね〜って語りで始まったんだけど、重箱の隅をつつくようでアレですが沖縄戦が終わったと「一応」定義されてるのは6月23日だし(その後も各地で戦闘は続いていたといいますし)、ひめゆり部隊は全滅した訳ではないし、さらにそれはひめゆりの舞台を行った東京で起こった実話だといいますが…うーーーん…東京ねえ…いまひとつ。。
そもそも観客の方々がひめゆりのことを知ってるかどうかが謎で(客層若めでしたし)、歴史的な整合性(情報?)のようなものがもっと欲しかったかな…
でも飄々としたキャラの方で、会場の雰囲気を怪し面白くして下さってました☆

一番怖かったのは、金髪ヤンキー風貌の鏡堂氏の「内線」の話。。
家電がある私にとっても「内線」は怖い…ビクビク(;;)
ちなみに「塩」の話で爆笑させてくれたのも氏なので、今夜のベストはこの方ですね!

最後に、主催者で司会の紙舞氏と紗那氏の語り。
紙舞氏の声は超男前ボイスで非常に盛り上がるんだけど、個人的にもっとボリュームを落としてほしかったかな…マイクの…大きい音苦手なんだよね(^^;)
怖っ!の前に五月蝿っ!って思ってしまう自分がいる…
紗那氏のボソボソ語りはツボでした。
あの、友達同士が集まった夜の部屋の片隅で怖い話をぼそーっとする感じ☆
鏡堂氏の後にした別の「内線」の話は今夜二番目に怖かったな〜〜(;;)

結局電話が怖いのね、自分。今夜鳴るなよ♪

お二方共に「怪談を語る」という点に何か目的を持ってらっしゃる様ですが、まだ模索中なのかな〜っと思いました。全体的なコンセプトとか。
お客さんの中には常連さんもいたようですが、うちみたいな飛び入り一見さんを常連にするにはもっと工夫が必要かもしれません。内輪ネタの説明とか、こんなカタチを目指してます、みたいなメッセージ性だとかに。

とはいえすご〜く満喫してきました♪

小さい頃から怖い話は聞くのもするのも大好きで、盆や正月に従姉妹たちが大量に押し寄せてきた頃は実家の裏の部屋の電気を消して蝋燭の光の下で怖い話をしたもんです…
今でも従姉妹に「mekeねーちゃん昔よく怖い話したよねー」って言われますもん。。
ところがオツムはからっぽなので、じゃあ幾つか怖い話してみてよ、って言われてもさっぱり思いつきません。
スキなくせにこう見えて怖がりなんで、聞いた端から忘れるようにしています(^^;)

さらに、この間百物語で久々に自分で語ってみて思ったのが、「笑えてちょっとゾッとする話」ってのが好きみたいです。
先に紹介した『あっちの世界ゾーン』のいたこ28号さんの話はその点ぱーふぇくと!です。
このブログを見てる稀少な皆様も、一度遊びに行かれてみてくださいな(^^)

…あ、妖怪社さんのイベントにはまた遊びに行こうと思います♪

…誰を巻き添えにしようかな…
エンタメ? / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comicstrip.jugem.jp/trackback/508
トラックバック