旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< におい / main / 自分で検索ちゃん。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
憧れるべきか否か迷うが愛してる
200712280003000.jpg
上司に「超おもしれぇ」と絶賛され手にした右手は高田純次の『適当経典』。

左手は私が上司に貸して昨日戻ってきた中島らもの『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』。

世間ウケでは対極に位置するような団塊世代のおっさん二人ですが、共通してるのは「徹底して愚ゥ!!」な生き様でしょうか。

かたやアル中+ドラッグで入退院・逮捕拘留を繰り返し、挙句階段から転がり落ちて死んだ(しかもそれを予言してた)駄目男。

かたや「日本一の適当男」として愚行・奇行を振り撒きつつ、老若男女あらゆる世代のファンから愛される、関根麻里の理想の駄目男。

…いやんどっちもなんて素敵なダメっぷり壊れっぷり☆(*^^*)


憧れちゃあまずいよな…近寄ってもかなりまずいであろうヤバイおっさん達。


実はらもの方が純次より五つ年下!
アル中ってげっそり老けさせんだねぇ…


二人とも60年代後半から70年代の「時代のフレイバー」を胸一杯に吸いまくって生きてきた男。
ひたすらに濃く、熱く、暗く、じっとりとした時代に青春を過ごしてきた男の言葉は、どんなに明るくバカっぽくみえてもどこか寂しげで切ない。そこにひかれてしまうのかもしれないね。


高田純次の「適当」さ、ぺらっぺらな生き方に憧れる男は結構いるみたいだけど、ああなるには相当の覚悟と壮絶な貧困と大きな優しさがないと絶対駄目だろうなあ、と思った。
生ぬるく「適当」なんてそうそうできるもんじゃない。

一方のらもは熱狂的信者がいるかと思えばすっごい嫌われてたりもする。

晩年のフラフラジャンキー時にライブでヤジ飛ばされた際、「いてまうぞ!」っとナイフを懐から出したとか出さなかったとかいう逸話は文章読んでるだけで容易に想像がつき、何故かしみじみしてしまう。

そういや前にみた笑福亭鶴瓶の『スジナシ』にらもが出演してた時、明らかにマジギレしかけてる鶴瓶とそれを面白がってるようならもの対比がめちゃくちゃ面白かったのを思いだした。

なんか笑い飯にハマる自分の嗜好に改めて納得…(((^^;)



徹底して愚。

極めるのは荊の道。

でもそんな誰かの生き様が極上の酒の肴となり、ズタボロな女の冬の夜を救ってくれたりもする。


そんな男たちに今宵も心から愛してるぜ〜!っと叫んで眠りましょう。


…明日はよ〜やく仕事納め!くはぁっ面倒っ!!(>_<)
ケイタイから。 / comments(0) / trackbacks(1) / meke /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comicstrip.jugem.jp/trackback/342
トラックバック
みんなが聞きたい事、私が伝えるタイミング。
おはようございます。みんなが気になっている事答えます。朝ご飯は食べない派です。あれ。そんな事が聞きたい訳じゃないって?わかってるよ。けど今、理解して欲しいのは...
| 若槻千夏のブログ『マーボー豆腐は飲み物です』 Powered by アメブロ | 2007/12/29 7:44 PM |