旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 恐ろしいものの片鱗・・・meke史上最大の金欠。 / main / 一日一冊、JOJO日和。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
伊豆・B級施設観光旅行〜オプション〜遭難・交通事故の巻。
えー前回に引き続き『恐ろしいものの片鱗〜meke史上最大の金欠〜』後編を送りする予定でしたが、先週末伊豆に行ってきたのでその旅行記を。


すんごいトラブル三昧のステキな旅でした・・・
もしかして私が呼び寄せてる・・・のか!!??(@@;)



事の発端は『新宿エイサー祭り』で偶然再会した、島っこ同級生at関東組とのオールナイト飲み会。
いつも幹事でがんばってくれてるコのどっか旅行に行こう!の一言から話が進み、アンケートの結果近場の伊豆への一泊旅行が決定。
細かい進行状況は全て彼女たちにお任せし・・・遂に決行と相成ったのでありました。


土曜日の朝。
8時に東京駅に集合、レンタカーを調達してメンバーを拾いながら出発。
なんだかんだで男4、女5の総勢10名!!
2名は仕事を終えて夜に集合、1名は何と岐阜からはるばる新幹線でやってくるとのこと。

ところが・・・最初っから微妙に予定がズレ始める・・・

そもそも前日金曜日のありえない暑さが嘘の様な寒さと雨!!
渋谷組を拾い上げる前の買出しにもえらい時間がかかってしまい、ようやく東京を出発したときには既に12時過ぎ。
とはいえ車中はわいわいと大いに盛り上がり、特に大きなアクシデントもなく夕方5時頃伊豆高原に到着!!

・・・おっとその前に忘れちゃいけない、熱海での寄り道・・・長年の夢が叶って遂に訪れた秘宝館!!



・・・


・・・


・・・いやおもしろかったんですけどー


いちど行ったら十分だな!!!(^^;)


秘宝宝を全くご存知ない方のために↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E5%AE%9D%E9%A4%A8


ちなみに私がその存在を始めて知った衝撃の本がこちら↓

ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編 (ちくま文庫)
ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編 (ちくま文庫)
都築 響一


何年か前にるちみの誕生日にプレゼントした本だね。
学生のうちに関東巡礼したかったんだけどね・・・まあ餃子帝国にもこーゆーの沢山あるしな!(むしろメッカ)懲りずにまた行くぞ〜B級娯楽施設♪


最初は昭和レトロというかどーしよーもないのが笑えたんだけどね。


*巫女さんマネキン(お尻丸出し)がひとつひとつ運んでくるストローに入ったくじ引き→中には「ラッキーな体位」とかが書かれてる

*エロ浮世絵の羅列
→ボタンを押すと音読が始まる

*クジラの性器
→オス・メス実物大模造品。素直に驚いたぜ・・・(^^;)

*世界各国のエロ系土偶とか置物とか江戸時代のコンドーム(絹製)とか
→模造品多し・・・もっと本物を収集すれば興味深いのに。

*様々なエロのシチュエーションジオラマ
→箱の断面からアパートの一室のように覗ける。ちゃちい人形にミニチュア家具や手作りの小物を組み合わせて作ってあった。『真夜中の侵入者』がウケタvv

*欲望の鏡
→椅子に座ると80年代チックなSM?映像が流れる。微妙画像なので笑える。

*マリリンモンローのスカート
→ハンドルをまわすと地下から風をおこしてスカートをめくれる・・・アレだね。

*壁に女の体の断片
→これが実にちゃちい。ステキにどうしようもない。オッパイに目がついてるし。

*名画とエロのコラボ
→絵の前に立つと『モナリザ』等の名画女性がエロくなる。

*覗き窓
→壁一面に描かれた「18世紀舞踏会」風の絵の間にかけられたマスクをのぞくと・・・
 ふるーいAVが流れてくる。

*覗き風呂
→江戸っぽい女のマネキンが風呂に入っているのを覗くと・・・猛烈な勢いで水が噴射!
 窓があるんであたらないけど、音がでかくてびびる!!

最初はワイワイわらけたんだけどさー
ハイテク映像処理駆使の『一寸法師』と最後の『浦島太郎』・・・中途半端さが最新映像のおかげでただの公開AVになっちゃって・・・笑えない・・・笑えないよーー(T▽T)


日本人のイマジネーションは・・・異常だ・・・vvv
最後は田舎の空港売店よろしくエロな小物がぎっしり羅列。
高台の先にあるので下からはロープーウェイでも来れます。見晴らしは最高!!
デパート屋上の遊園地みたいなのもついてて、その隣にはギッシリと絵馬が。
『愛情岬』というらしい・・・カップルが沢山やってくるようです。
それにしても絵馬ってやつは欲望のカタマリみたいで何ともコワイと思うのは私だけではないですよねー


「1年後に○○くんと絶対結婚してまた一緒にここに来る!彼女から奪ってやる!!」



ひーーーーーーーー



しかし何よりびびったのは。

親子連れがいたんですよ・・・

な、何考えてんだ・・・しかもそのおじーちゃんおばーちゃんらしき人までいたよ・・・何の施設と勘違いしたんだ・・・ご愁傷様です・・・


(入り口の巨大な『亀』を指差して)
「ママーこれ気持ちわるーい」




・・・そーだろーなーうん。。[:ふぅ〜ん:]



チープ&ディープなエロにお腹いっぱいになり、若干みんなフラフラした後に熱海の町で昼食。
新幹線の窓から見る以上に熱海はツッコミどころ満載な古きよき?ニッポンの温泉街でありました。適当に入ったお蕎麦屋さんが結構美味しかったvv


そんなこんなで辿り着いた伊豆高原。
ペンションを貸しきってみんなでバーベキュー!!のはずだったのですが・・・


旅行会社からもらった手書きの地図がおそろしくわかりにくい。
住所をナビで追うと「裏口」から入ってしまうという注意書きがあったのだが・・・
どうしようもないのでナビで進むも・・・「裏口」というより「山道」。

雨はだんだん強くなり、街灯ひとつない森の中、車幅ギリギリで両脇に生い茂る木々と草を掻き分け進む・・・不安・・・恐ろしく不安・・・遂に途中でストップ。


「コレほんとうに正しい地図!!??」

「もうUターンできる距離じゃないよーー汗


試行錯誤の結果、この道で一応大丈夫だろうと進む・・・が、何故か山小屋の民家の敷地に突入!!やはり道を間違えていたらしい・・・民家の脇をすり抜け、ぐるぐる回るがどーしても辿り着けない!!!郵便局員を発見したのできいてみるが・・・郵便やさんもわからないって!!!

みんな結構地図読めるし感のいい子ばっかりなのですが・・・

仕方ないのでペンション管理人に電話をし、大きな道まで迎えに来てもらい辿り着きました。


すごく・・・古い・・・活気、というものを忘れ去ったかのようなペンション郡に。。


「なんか金田一の事件がおこりそう」

「うーん湿っぽい。。」


とかなんとか言いつつも、ようやくついた安堵でみんなぐったり。
しかし、合流組がやってくるまでにバーベキューの準備はしよう!というわけで、二組に別れ第二次買い出し隊が出発しました。

このとき既に夕方18時。

雨しとしとで外は前がやっと見えるほどの暗がりでした。
私は残り組みで部屋の空気入れ替えしたり食材きったりしてたんですが。


一時間たっても買出し隊が戻ってこない。。

一時間半たっても戻ってこない。。

まさか、と電話してみると。


「うん・・・迷ってる・・・(泣)」


外は既に暗闇。狭い山の中の道だし、がけっぷちも多い道なのに・・・
何度か電話しながら様子を聞きますが、何故か同じところをぐるぐる回っているらしい・・・まさに怪奇現象。慌てふためく待機組。

すごく気をもみましたが・・・ついに、なんと、9時半・・・到着!!!!

涙目で歓迎しました・・・遭難するかと思ったよ。
後程ドライバーのコが語ったところによると。


「今考えても、明らかに・・・なにかとりついてた気がする・・・



ひーーーーーーー(^^;)


それから一時間後、現地集合組がようやく到着。
彼らは結構そんな迷わずこれたらしい、ナビないのに・・・なんでだー??
そんなこんなで飲み会(食事も)始まったのは何と11時過ぎ!!
雨がひどいし時間が時間なのでバーベキューはやめて部屋の中で焼肉!!
時間が過ぎてしまい、露天風呂は使えず!!!
もう飲むしかないねーーーっ!!!!



楽しかったなあ・・・
当時の自分からみれば、実に不思議な面子の取り合わせ。
それでもワイワイ楽しめる独特の空気。
オトナになってよかったなあ・・・と、しみじみ思う。
あのまま中学校時代のままの自分だったら決して話すことも関わることもなかった人たちと、新しく出会って新しい会話をして・・・自分の知らない世界をいっぱい知ることができるって、素晴らしい。



少なめにかったお酒が切れてしまい、テンションの上がったわれ等は雨にも遭難にも負けず歩いて調達に行こう!!と意気込むのですが、流石にマジで遭難しそうだからやめておこう・・・とそれは諦め。
仕方ないのでろうそくの灯火の下「お茶」で酔うことにして語りまくり・・・
疲れた人順に雑魚寝してゆくのでした…



そして翌日。

ペンションを出発すると、とりあえず最初に出会ったこれまたB級施設に入ることにしてみました↓



;">『怪しい少年少女博物館』



・・・B級施設天国だなあ熱海ってとこは・・・もう町全体が「そういうテンション」を徹底した新しいミュージアム施設に見えて仕方ない・・・いやスキだけどね、こういうの(^^)

他にも『ねこの博物館』『蝋人形館』『加山雄三ミュージアム』(おっと)などなど・・・
気になる施設が目白押し。でも二度三度は参らないだろうな、きっとvv
この日のお昼、熱海で食べた海鮮丼はめちゃくちゃ美味かった!!
食事は大アタリな旅でございました。


帰り道も実にスムーズ。
海老名でのんびりお土産かったりして・・・
みんなの帰りに便利な横浜でボーリングしてから解散しよっか〜っというわけで、17時に横浜に到着。
ところがボーリング場がありえない混雑2時間待ちだとのこと。
さすがに疲れたのでこのまま解散しようぜ〜っと、

最後の元気を振り絞ったその帰り道。。。



事故発生。



うおーん久々の交通事故・・・前方車両に衝突してしまいました・・・ちーん。。



幸い、お互いに怪我人もなく玉突きにもならず、しかもぶつかった人が非番の警察官だったようで交渉もテキパキ進み。
ああ、でも運転者の彼女は幹事の彼女だったのですが、全ての処理を彼女にお任せしてしまう状況に申し訳なさすぎて凹む我々。。遭難しかけたのも彼女だし、きっと疲れてたんだろうなあ・・・もっと気遣ってあげればよかった。



最後はちょっと残念でしたが、相対的にとても愉快な旅でした(^^)

「これに懲りずにまた行こうぜ〜!」


うん、また行こうね!!!









旅路の果ては… / comments(0) / trackbacks(1) / meke /
スポンサーサイト
- / - / - / スポンサードリンク /
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://comicstrip.jugem.jp/trackback/294
トラックバック
http://thempan.com/89F682B582A28FAD944E8FAD8F97948E95A88AD9/
怪しい少年少女博物館怪しい少年少女博物館(あやしいしょうねんしょうじょはくぶつかん)は、静岡県伊東市内の伊豆急行線城ヶ崎海岸駅から、山側に歩いて10分程の場所に位置する、レトロテーマパークの一つである。シルクハットをかぶった怪盗風の顔を付けた、巨大なペ
| テーマパークの森 | 2007/10/03 12:52 PM |