旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
突発的に奈良にいってきたよ(前半)
奈良は京都とはまた明らかに違う「古都」の馨りがしてとても好きな場所。

今まで4、5回行ったけど、今回「明日香」方面に初めて行ってきました。

当初の目的は国立飛鳥資料館で特別公開中の

キトラ古墳壁画四神の青龍・白虎だけを観にいくつもりで。

し か し 。

ちょっと〜〜資料館のブログったら!!

期間六月までってゆっときながら、本物の展示は昨日で終わってるじゃない!!(涙)

駅の観光案内所で「昨日で展示終わってますよ」と言われた時の衝撃ときたら。。

あまりに私ががっかりしてるので、案内所のおばちゃんがいろいろ名所を教えてくれました。

というか、他にも見所ありまくりの場所だったんでむしろよかったかも☆

京都と違って人気がほとんどない(というかほぼ農村)エリアなので、

歴史スキーがあっちこっち巡りするには最高の場所じゃあないでしょうか?

当初から計画たててればもっと早めに出てレンタサイクルで周れたところですが、

到着した時刻が既にお昼を過ぎてましたので、

とりあえず石舞台古墳目指して散策することに。

最大の目的は授業の教材・奈良の大仏なんで、

いつもならもっとダラダラ巡るところ、今日は的をしぼってサクサク早歩きました。

お陰で股関節が筋肉痛です…イタタ。。


まずは近鉄・橿原神宮前で下車。

バスに乗って資料館まで。

…一応、行ってみました。



謎の石像レプリカ。

この辺りには謎の巨石が数多いとかで。ロマンですねえ〜

かの有名な鬼の俎板は石室の底面なんだって。へ〜

マラ石なんてのもあるそうです。村中、至るところに。

勿論、まんまアレです。傾いてるんだそうですよ。

付近の山はふぐり山ってゆうんだって…

おこちゃまへの説明が難しい土地だな(^^;)




興福寺仏頭のレプリカです。

しゅーん…やっぱり本物はいなくなり、原寸大の印刷コピーが展示されてたキトラ…

まあ最近の印刷技術は凄いからいいけどさ…

それでも中国や韓国の四神図と日本のとの違いを解説してたりと、勉強になりました。

最近、歴史的遺構そのものは勿論ですが、その修復作業技術や複製技術に凄く興味あります。

その辺の詳しい解説とか特別展があってもいいんじゃないかと思うんだけどな。

高松塚古墳壁画の反省とかも含めて。。



さて、ちょっとお天気悪そうなんで急いでゆきます。

しょっぱなから道を間違え(まあズレてはいないんだが)農道に突入。

ここまでインフル対策に「しろ」って言われてるマスクをずっとしてたんだが、

「こんな山奥に菌なんかいないだろ」と途中でふと気づいて外す…暑かった。。



トンビがぴーひょろ啼いております。

とてものどかです。



とりあえず藤原鎌足生誕の地に向かいます。

前の時間の授業で大化の改新やってるのでタイミングも結構。



着きました。

古びた神社っぽい雰囲気です。

お参りして奥に進みます。



この竹やぶの奥に…



鎌足の産湯の井戸…だそうです。

井戸ってゆうか、小川?のようなところから水を引いている感じ。

落ちたらアウトなので気をつけて元きた道を戻る。

すぐ側には鎌足の母と伝えられる大伴夫人の古墳なんてのもありました。



円墳でしょうか。

そこらにベンチが沢山あります。

何故ならすぐ向かいに



たこ焼き屋があるから。

おそらくこの店で買ったたこ焼を、古墳を眺めつつ食べられるという趣向。

しかしまだ開店してませんでした…おなかぺこぺこです。朝ごはん食べてません。



タマネギがとっても美味しそうに並んでます。

さらに山奥を歩くこと20分、ようやく集落に突入。

だだっぴろい畑と田んぼのど真ん中に、それはありました。



蘇我入鹿の首塚。

乙巳の変で鎌足に殺されちゃった入鹿。

暗殺された場所はすぐ近くの飛鳥板蓋宮だそうですが、

墓石のあるのは蘇我氏の寺である飛鳥寺の旧敷地内。



この墓石自体は南北朝頃に建てられたものらしい。

めちゃくちゃ眺めが良い…というか、あたり一面畑です。

 

背後に甘樫丘という丘があるんだけど、ここから大和三山がキレイに見下ろせるんだとか!

…で、飛鳥大仏でも有名な飛鳥寺はすぐ横なんですが…

時間がないので泣く泣く素通り。年内に絶対また来ます(><;)



さて…

人気がなさすぎてこの道であってるのか怖い…と思ったところでおばあちゃん発見。

この後すぐに追いつき、道中お喋りしながら歩きました。

そしてようやく…



着いた!わくわく!!



どーん。

うーん、こりゃ凄い。登っちゃダメなのが悔やまれる。

昔のこの辺の子供たちは絶対基地にして遊んでたんじゃないかと思う。

滑らかでどっしりしてて、とても見ごたえのある古墳です。



見晴らし、さらによし。

伝蘇我馬子の墓でもある石舞台古墳。

じーちゃんの方が孫よりいいロケーションなのね☆



後ろから。



めっちゃ近寄ってみる。



正面向かって右手から中に入れます。

勿論、石棺とかは今はない、からっぽ。



ああ…ひんやりして気持ちいい…昼寝には最高の場所だ…

永眠する場所なんですけどね…とても空気の穏やかな場所です。







この後、すぐ側の茶店で古代米(赤米ね。うちでしょっちゅう食べる)のおにぎりと

コーヒーフロートというステキな組み合わせで遅めのお昼をとる。

売店のクワバタオハラ似のおねーさんが面白い人で、

バスの時刻とかいろいろ相談にのってくれました。

この辺で股関節の具合がおかしくなり、ヨロヨロとバスへ乗り込む。

中高年の群れに巻き込まれ、奈良行きが予定より2時間遅れてしまいました(;;)

続きはまた明日。


ブログランキング★日記
人気ブログランキングへ

■この記事を評価して、関連の人気記事もチェック!
★★★★(素晴らしい) ★★★☆(すごい) ★★☆☆(とても良い) ★☆☆☆(良い) by TREview

旅路の果ては… / comments(0) / - / meke /
伊豆・B級施設観光旅行〜オプション〜遭難・交通事故の巻。
えー前回に引き続き『恐ろしいものの片鱗〜meke史上最大の金欠〜』後編を送りする予定でしたが、先週末伊豆に行ってきたのでその旅行記を。


すんごいトラブル三昧のステキな旅でした・・・
もしかして私が呼び寄せてる・・・のか!!??(@@;)



事の発端は『新宿エイサー祭り』で偶然再会した、島っこ同級生at関東組とのオールナイト飲み会。
いつも幹事でがんばってくれてるコのどっか旅行に行こう!の一言から話が進み、アンケートの結果近場の伊豆への一泊旅行が決定。
細かい進行状況は全て彼女たちにお任せし・・・遂に決行と相成ったのでありました。


土曜日の朝。
8時に東京駅に集合、レンタカーを調達してメンバーを拾いながら出発。
なんだかんだで男4、女5の総勢10名!!
2名は仕事を終えて夜に集合、1名は何と岐阜からはるばる新幹線でやってくるとのこと。

ところが・・・最初っから微妙に予定がズレ始める・・・

そもそも前日金曜日のありえない暑さが嘘の様な寒さと雨!!
渋谷組を拾い上げる前の買出しにもえらい時間がかかってしまい、ようやく東京を出発したときには既に12時過ぎ。
とはいえ車中はわいわいと大いに盛り上がり、特に大きなアクシデントもなく夕方5時頃伊豆高原に到着!!

・・・おっとその前に忘れちゃいけない、熱海での寄り道・・・長年の夢が叶って遂に訪れた秘宝館!!



・・・


・・・


・・・いやおもしろかったんですけどー


いちど行ったら十分だな!!!(^^;)


秘宝宝を全くご存知ない方のために↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A7%98%E5%AE%9D%E9%A4%A8


ちなみに私がその存在を始めて知った衝撃の本がこちら↓

ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編 (ちくま文庫)
ROADSIDE JAPAN―珍日本紀行 東日本編 (ちくま文庫)
都築 響一


何年か前にるちみの誕生日にプレゼントした本だね。
学生のうちに関東巡礼したかったんだけどね・・・まあ餃子帝国にもこーゆーの沢山あるしな!(むしろメッカ)懲りずにまた行くぞ〜B級娯楽施設♪


最初は昭和レトロというかどーしよーもないのが笑えたんだけどね。


*巫女さんマネキン(お尻丸出し)がひとつひとつ運んでくるストローに入ったくじ引き→中には「ラッキーな体位」とかが書かれてる

*エロ浮世絵の羅列
→ボタンを押すと音読が始まる

*クジラの性器
→オス・メス実物大模造品。素直に驚いたぜ・・・(^^;)

*世界各国のエロ系土偶とか置物とか江戸時代のコンドーム(絹製)とか
→模造品多し・・・もっと本物を収集すれば興味深いのに。

*様々なエロのシチュエーションジオラマ
→箱の断面からアパートの一室のように覗ける。ちゃちい人形にミニチュア家具や手作りの小物を組み合わせて作ってあった。『真夜中の侵入者』がウケタvv

*欲望の鏡
→椅子に座ると80年代チックなSM?映像が流れる。微妙画像なので笑える。

*マリリンモンローのスカート
→ハンドルをまわすと地下から風をおこしてスカートをめくれる・・・アレだね。

*壁に女の体の断片
→これが実にちゃちい。ステキにどうしようもない。オッパイに目がついてるし。

*名画とエロのコラボ
→絵の前に立つと『モナリザ』等の名画女性がエロくなる。

*覗き窓
→壁一面に描かれた「18世紀舞踏会」風の絵の間にかけられたマスクをのぞくと・・・
 ふるーいAVが流れてくる。

*覗き風呂
→江戸っぽい女のマネキンが風呂に入っているのを覗くと・・・猛烈な勢いで水が噴射!
 窓があるんであたらないけど、音がでかくてびびる!!

最初はワイワイわらけたんだけどさー
ハイテク映像処理駆使の『一寸法師』と最後の『浦島太郎』・・・中途半端さが最新映像のおかげでただの公開AVになっちゃって・・・笑えない・・・笑えないよーー(T▽T)


日本人のイマジネーションは・・・異常だ・・・vvv
最後は田舎の空港売店よろしくエロな小物がぎっしり羅列。
高台の先にあるので下からはロープーウェイでも来れます。見晴らしは最高!!
デパート屋上の遊園地みたいなのもついてて、その隣にはギッシリと絵馬が。
『愛情岬』というらしい・・・カップルが沢山やってくるようです。
それにしても絵馬ってやつは欲望のカタマリみたいで何ともコワイと思うのは私だけではないですよねー


「1年後に○○くんと絶対結婚してまた一緒にここに来る!彼女から奪ってやる!!」



ひーーーーーーーー



しかし何よりびびったのは。

親子連れがいたんですよ・・・

な、何考えてんだ・・・しかもそのおじーちゃんおばーちゃんらしき人までいたよ・・・何の施設と勘違いしたんだ・・・ご愁傷様です・・・


(入り口の巨大な『亀』を指差して)
「ママーこれ気持ちわるーい」




・・・そーだろーなーうん。。[:ふぅ〜ん:]



チープ&ディープなエロにお腹いっぱいになり、若干みんなフラフラした後に熱海の町で昼食。
新幹線の窓から見る以上に熱海はツッコミどころ満載な古きよき?ニッポンの温泉街でありました。適当に入ったお蕎麦屋さんが結構美味しかったvv


そんなこんなで辿り着いた伊豆高原。
ペンションを貸しきってみんなでバーベキュー!!のはずだったのですが・・・


旅行会社からもらった手書きの地図がおそろしくわかりにくい。
住所をナビで追うと「裏口」から入ってしまうという注意書きがあったのだが・・・
どうしようもないのでナビで進むも・・・「裏口」というより「山道」。

雨はだんだん強くなり、街灯ひとつない森の中、車幅ギリギリで両脇に生い茂る木々と草を掻き分け進む・・・不安・・・恐ろしく不安・・・遂に途中でストップ。


「コレほんとうに正しい地図!!??」

「もうUターンできる距離じゃないよーー汗


試行錯誤の結果、この道で一応大丈夫だろうと進む・・・が、何故か山小屋の民家の敷地に突入!!やはり道を間違えていたらしい・・・民家の脇をすり抜け、ぐるぐる回るがどーしても辿り着けない!!!郵便局員を発見したのできいてみるが・・・郵便やさんもわからないって!!!

みんな結構地図読めるし感のいい子ばっかりなのですが・・・

仕方ないのでペンション管理人に電話をし、大きな道まで迎えに来てもらい辿り着きました。


すごく・・・古い・・・活気、というものを忘れ去ったかのようなペンション郡に。。


「なんか金田一の事件がおこりそう」

「うーん湿っぽい。。」


とかなんとか言いつつも、ようやくついた安堵でみんなぐったり。
しかし、合流組がやってくるまでにバーベキューの準備はしよう!というわけで、二組に別れ第二次買い出し隊が出発しました。

このとき既に夕方18時。

雨しとしとで外は前がやっと見えるほどの暗がりでした。
私は残り組みで部屋の空気入れ替えしたり食材きったりしてたんですが。


一時間たっても買出し隊が戻ってこない。。

一時間半たっても戻ってこない。。

まさか、と電話してみると。


「うん・・・迷ってる・・・(泣)」


外は既に暗闇。狭い山の中の道だし、がけっぷちも多い道なのに・・・
何度か電話しながら様子を聞きますが、何故か同じところをぐるぐる回っているらしい・・・まさに怪奇現象。慌てふためく待機組。

すごく気をもみましたが・・・ついに、なんと、9時半・・・到着!!!!

涙目で歓迎しました・・・遭難するかと思ったよ。
後程ドライバーのコが語ったところによると。


「今考えても、明らかに・・・なにかとりついてた気がする・・・



ひーーーーーーー(^^;)


それから一時間後、現地集合組がようやく到着。
彼らは結構そんな迷わずこれたらしい、ナビないのに・・・なんでだー??
そんなこんなで飲み会(食事も)始まったのは何と11時過ぎ!!
雨がひどいし時間が時間なのでバーベキューはやめて部屋の中で焼肉!!
時間が過ぎてしまい、露天風呂は使えず!!!
もう飲むしかないねーーーっ!!!!



楽しかったなあ・・・
当時の自分からみれば、実に不思議な面子の取り合わせ。
それでもワイワイ楽しめる独特の空気。
オトナになってよかったなあ・・・と、しみじみ思う。
あのまま中学校時代のままの自分だったら決して話すことも関わることもなかった人たちと、新しく出会って新しい会話をして・・・自分の知らない世界をいっぱい知ることができるって、素晴らしい。



少なめにかったお酒が切れてしまい、テンションの上がったわれ等は雨にも遭難にも負けず歩いて調達に行こう!!と意気込むのですが、流石にマジで遭難しそうだからやめておこう・・・とそれは諦め。
仕方ないのでろうそくの灯火の下「お茶」で酔うことにして語りまくり・・・
疲れた人順に雑魚寝してゆくのでした…



そして翌日。

ペンションを出発すると、とりあえず最初に出会ったこれまたB級施設に入ることにしてみました↓



;">『怪しい少年少女博物館』



・・・B級施設天国だなあ熱海ってとこは・・・もう町全体が「そういうテンション」を徹底した新しいミュージアム施設に見えて仕方ない・・・いやスキだけどね、こういうの(^^)

他にも『ねこの博物館』『蝋人形館』『加山雄三ミュージアム』(おっと)などなど・・・
気になる施設が目白押し。でも二度三度は参らないだろうな、きっとvv
この日のお昼、熱海で食べた海鮮丼はめちゃくちゃ美味かった!!
食事は大アタリな旅でございました。


帰り道も実にスムーズ。
海老名でのんびりお土産かったりして・・・
みんなの帰りに便利な横浜でボーリングしてから解散しよっか〜っというわけで、17時に横浜に到着。
ところがボーリング場がありえない混雑2時間待ちだとのこと。
さすがに疲れたのでこのまま解散しようぜ〜っと、

最後の元気を振り絞ったその帰り道。。。



事故発生。



うおーん久々の交通事故・・・前方車両に衝突してしまいました・・・ちーん。。



幸い、お互いに怪我人もなく玉突きにもならず、しかもぶつかった人が非番の警察官だったようで交渉もテキパキ進み。
ああ、でも運転者の彼女は幹事の彼女だったのですが、全ての処理を彼女にお任せしてしまう状況に申し訳なさすぎて凹む我々。。遭難しかけたのも彼女だし、きっと疲れてたんだろうなあ・・・もっと気遣ってあげればよかった。



最後はちょっと残念でしたが、相対的にとても愉快な旅でした(^^)

「これに懲りずにまた行こうぜ〜!」


うん、また行こうね!!!









旅路の果ては… / comments(0) / trackbacks(1) / meke /
お伊勢参りに行ったぜベイベ♪後編
ふう、にわかフィギュア熱のおかげで後編UPが遅れてしまいましたたらーっ

お伊勢さんを後にした我ら女子選抜、向かった先は伊勢の某ホテル…

おっとその前に、夫婦岩で有名な二見浦に行ってきました!

この海岸、日本で最初の海水浴場としても有名だそうで、

かつてお伊勢参りにやってきた参拝者はここで禊をしたそうな〜

昔はさぞ門前町として栄えたことでしょう。

ヤジキタも通ったかもしれませんね、この街道。

何故か駐車場横の蓋なし水槽にトド(アザラシかな?)がいてビビリ。

そうそう、全国あちこちにある天岩戸神社もございます。

猿田彦が祀られているようで、使いとされるカエルの像があっちこっちで

にゅっと並んでおりました…ケロケロ♪

そしてついに引いてしまった…今年初のおみくじ!!!

皆がちょっと高い恋占いみくじを引いているところ、

けちってふつうのみくじを引くmeke…このセコさが駄目なのか。

今年の運勢は…小吉だ〜!!コキチ〜ったらーっ

何々…願い事…「思うに任せず日に見えて早くは出来ず」??

なんのこっちゃよくわかりませんがコキチにしては手厳しい内容でしたポロリ

皆がわいわいお散歩する中、海産物売店でおばちゃんにカキを焼いてもらいつつ

海を眺めながらぼんやりしてきました…ちょっと曇ってましたが、

静かでとても気持ちよかったです。カキも美味しかったラブ





さてさて、再びバスに乗り込みついに今夜のお宿に向かいます♪

海沿いの崖っぷちにそそり立つ、覗き放題の露天風呂

ついた温泉宿でございます…ええ、覗き覗かれ〜なお風呂なのでした汗

貧乏旅行故宴会場などは使いません。

途中でバスのおっちゃんに頼んでスーパーでたっぷりお酒を買い込み、

チェックインしてみると…やはり。






よくエントランスにありますよね、宿泊者の名前書いた掲示板が。

お隣の「サンライズOKツアー様」も結構アレですが、その隣の長いこと…

後から来たお客さんの顔も心なしか笑っております(^^;)

…と、頼んでもいないのにカメラマンが撮影をしてくれるとのこと。

あれよという間にひとりひとり高速で顔写真を写され(ええっ??)

集合写真を何枚か撮った後、買いたい人はドウゾ〜っと言われました。

(勿論誰も買いませんでした…ついでに自分のカメラで撮ってもらったんで汗



さて、三部屋に14名が分かれます。

7時から夕食ということで、その前に眠い身体にムチうって温泉へGO☆温泉

伊勢の海を一望しながらお湯に漬かると…あ〜、旅って感じですね〜(*^^*)

サウナもあるので入ってみます…はい、でも超代謝の悪い私、

サウナに入ってもあんまり汗をかかない変な肌なのです。。

すぐにそこを出て、長〜い回廊を通って露天風呂へ。

海岸沿いで釣りをしてるおっちゃんが丸見えで、

漁船がつーいっと波飛沫を上げてゆくのが穏やかです…で、

熱い湯につかりつつふと背後をみてびっくりワッ!

なんとまあスダレがかかって入るものの、後ろにホテルの部屋の窓が

はっきり見えるではございませんか〜たらーっ

わ〜こりゃ覗かれても文句は言えません…!

実際、私たちの部屋からは男風呂が覗き放題でした。。

でもまあ、目の前に大自然が広がっていると人間がちっぽけでどうでもよくなるので

皆「うわ〜」っと言いながらものんびり浸かって出るのでした…♪



さてはて。

お風呂を出てすぐ、今度は夕ご飯でございます☆

座敷で会席料理が食べられる!ということで皆浴衣で向かいます。

するとやっぱりここにも↓





みんな記念撮影は忘れません。





ぱしゃぱしゃした後、ようやく待ちに待ったご飯です。

ビールが好きな女の子はあまりいないのでウーロンで乾杯ですると、

黙々と…食べる食べる…ひとしきり静かに食べた後、

「食べるのに集中しすぎやなあ」と笑いながらお腹一杯いただきました食事

案外みんなウニご飯が苦手だったようでびっくり〜

うーん、まあ確かに豪華でしたがK氏ご飯には敵いませんったらーっ


お腹もいっぱいになったところでひとやすみ。

うとうと眠りそうになるのを頑張って、一時間後に角部屋で飲み会スタート♪

特に私このところあちこち飛び回っているせいでほとんど皆の近況がわからず、

誰と誰が別れた〜だのくっついたり〜だのにフムフムしつつ、

あれこれと大笑いしながら最終的にはみなウトウトと雑魚寝しそうになり、

お肌のお手入れと明日の目覚めのために皆フラフラと各部屋に戻るのでしたzzz



翌朝。。

あっちこっちから鳴り響く携帯の目覚ましメロディ…時計

う、うるさい…止まらない…ムニョムニョ


「うーん。。みんな〜鳴ってるよ〜」


っとうなりながら目を覚ますと。

だ、誰もいない…ええっ?まだ5時半なのに??

そう、翌朝の出発が早いため、皆疲れているにも関わらず温泉浸かりに行ったのです!

もっと寝たかったのですが、布団の上で皆の目覚まし止め回っているうちに

目が覚めてしまい、仕方なく共に朝風呂に向かうのでした〜プシュー



朝日が昇るのを眺めながらのーんびりとまた露天風呂に浸かります。

冷たい朝の空気と熱い湯、ゴツゴツひんやりした岩肌がほんと気持ちいい♪

朝ごはんを済ませ、バスに乗り込み、次に向かうは農園。

今日のメインはぶたさん農園でのソーセージ作りなんです豚

あんまりないでしょ??イヒヒ

相変わらず荒ーい運転にビクビクしながら、辿り着いたのは伊賀の山間にある

モクモクファームという有機農園です。





↑風見鶏ならぬ風見ブタが屋根の上に。。

平日なのに案外来園者も多く、賑やかでしたが、風が強くてサムイサムイ。

鼻炎mekeは鼻水が止まらなくて仕方ありません(><)

この農園、常に14匹のミニブタちゃんが放し飼いされてるとのことで、

実際子犬のようにその辺を丸いブタさんがブヒブヒ言いながら歩いておりました☆

…で、まさかこのブタちゃんたちのお肉じゃないよね〜

っと薄々ビクつきながら、皆でウインナー&肉まん作りに挑みます♪

私はウインナー組。


まずは赤味肉に氷を混ぜながらネリネリします…冷たい!!ムニョムニョ

次に脂身を混ぜながら(粗びきのプチプチね)、

具にチーズと味噌の二種類を入れてネリネリ…よく混ざったところで、

羊さんの腸を挿したピストル式の器具の登場。

筒の中に空気を入れないように肉を詰め、先に腸をセット。

魚の浮き袋のような腸はびよーんとよく伸びます。

そして発射すると…肉がびよよ〜んと詰まるという仕掛け。

筒の中の肉が全部詰まったらハサミでちょっきんして先を縛ります。

そして…肉筒を適当なところで捻ってあのカタチが出来上がり〜!

時々腸が破裂して肉が飛び出したりする度

ぎゃーっと言いながら、ワイワイと作業は進み…出来上がり☆

早速、ボイルしてもらっていただきますラブ





美味しいぞ〜っモグモグ

お土産に一人一袋もらえて大満足です☆

本当はこの後忍者屋敷に行くことになってたのですが、

肉まん組の出来上がりがちょっと遅くなるとのことで、

残り時間は農園でブタさんとたわむれて過ごすことになりました。

ミニブタのショーなんかもやってるようで、親子連れに混じって見て来ましたよ♪





やー久しぶりに聞きました!『五匹の仔ブタのチャールストン豚

昔「お母さんといっしょ」で流れてた♪五匹のコブタの五匹のコブタの〜♪

ってやつです…あれをバックにやって来る仔ブタちゃん〜

BOA似のお姉さんに操られつつ、幅跳びに筒転がしに、

まあお腹をつっかえさせつつよくやってくれます、可愛い♪

台車まで転がすんですよ!最後はくす球も割ってくれました〜





帰り路もものすごーい揺れっぷりで、皆ウトウト窓に頭を打ちながら

眠ってるうちに、行きよりはるかに早く京都に到着!

どうも山道ばっか通ると思ったら、運転手さんセレクトの裏道だったそうで。

近場の一泊旅行も愉快な仲間同士だとホント楽しいもんですね♪





*ランキングに参加しております。*
よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv
人気blogランキングへ
学生ブログランキングへ
0574 W.S.Rへ
旅路の果ては… / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
お伊勢参りに行ったぜベイベ♪〜前編〜
改まして…お久しぶりでございます、mekeです☆ラブ

久しぶりの更新ということで衣替えしてみたのですが…どうかな〜??

るちみ曰く最初のデザインが最も私っぽいとのこと(^^;)

でもあれテキスト部分の幅広げるとレイアウト崩れちゃうのですよムニョムニョ

なんかこう…いまひとつ、もうひとつぴったりくるデザインがなあ汗

っと、凝りだすと肝心のUPができないのでとりあえずコレでいってみます♪


 

…で。

留守にしていた間にもいろいろとご報告することや小噺が沢山あるのですが、

まずは本日帰ってきた卒業旅行からラブ

学生最後の春休み。ほぼ二ヶ月丸々休日…

という夢のような時間を過ごせるのもこれが最後ともなれば

国内はもとより海外で過ごす方も多いことでしょう☆

しかし、今回我らが行って来たのはお伊勢さん。

そうです。ついに、やっと(?)お伊勢参りに行ってきたんでいっっ!!!モゴモゴ




以前よりるちみから伊勢うどんや伊勢神宮の話を聞かされてはわくわくし、

この間の『真夜中の〜』以来一度は行ってみたいよな〜っと思ってた伊勢。

しかし…この4年間、全国あちこち回ったくせに遂に行けずじまいでしたポロリ

それが今回旅行の話が持ち上がり、当然行くっ!!と気合入れてた矢先に

いろいろありまして…諦めてたところ、何とかギリギリ滑り込みセーフ。

昨日の朝方5時起きで東京から新幹線で京都へ舞い戻り(一ヶ月ぶり…)、

仲間と合流して10時に伊勢へGO!!っと行って参りました☆



今回の旅の仲間はこの築40年以上のボロ家に同居する女の子14名。

4年間、ムカデが降ろうと変質者が出没しようと頑張って住み続け、

すったもんだやドタバタを繰り返しながらも仲良くやってきた大好きな仲間たちラブ

つかず離れず、ベタベタしてないのに何かあるとこうやってぱっと集まって

大騒ぎできるのがすごーく心地良いのですね〜♪

…さらにこの近場への一泊旅行は数年前からこのシーズンの恒例行事。

その名も「女子選抜」と申します(^^)

マイクロバスを貸しきって主に温泉地を目的地とし、一泊して飲み騒ぎつつ

この4年間を語り合っていい思い出つくりましょ〜っという企画なのですが。

バスのフロントガラスに掲げられたそのツアー名を見てみると…







「女子選抜 美の添い寝大会 ドリームワールド様」


これが我らの称号。

幹事のまりちゃんのステキネーミングでございます。

おかげで行く先々でバスを乗り降りする度に周りの観光客の注目の的。

何の選抜!?
 
美の…添い寝??


おばちゃんはスルーしがちですがおっちゃんたちにはじーっと見つめられがちイヒヒ

中には「さすが選抜」と微笑むおっちゃんも…ドウモドウモ〜☆

恥ずかしがってバスに入りづらそうな子もおりました(^^;)

ガヤガヤと全員が集まるのを待っているとそこに…



「あ、ヒューザーの社長や…」


と呟く小悪魔Mの呟きに振り返るってみると。

確かに…あの社長に激ソックリな黒コートの謎のおじさんが歩いてきた!!

そして運転手さんと何やら打ち合わせてる!

えっ、何、こんな軽い一泊旅行に添乗員??

っと動揺する我らが兎に角バスの中に乗り込むと、

彼はそのまま両手を振って見送ってくれましたたらーっ

どうやらバス会社の社員さんだったようです。

一緒に行けないとはちょっと残念失恋



案外荒っぽい運転の運転手さん…バス

顔立ちといい、もしや昔は走り屋さん?マイクロバスが飛び跳ねるので、

ついついシートベルトを締めたくなります(^^;)

そしてウトウトしつつ二時間余、ようやく伊勢に到着!



伊勢神宮…



三重県伊勢市に鎮座する、女神・天照大御神(あまてらすおおみかみ)を祭る内宮と

衣食住・産業の守り神である豊受大神宮(とようけだいじんぐう)を奉る外宮から成る

神道の総本山…とは言いませんよねたらーっ

日本最古の歴史書とされる『日本書紀』によれば

崇神天皇の時代に天照大神を巫女らに祀らせたのが起源とされ、

次の垂仁天皇の時代(A.D.5世紀頃)に倭姫命(やまとひめのみこと)によって

伊勢の五十鈴川沿いに建立されたのが始まり…だそうですが、

まあ詳しくは諸サイトにてご確認下さい汗

(日本史専攻のくせに古代史あまり興味ないもんで…><)



時間がないので今回は外宮には行けませんでしたが、

内宮前には「おかげ横丁」なるおみやげやさん街もあり大層な賑わい…

予想以上の人だかりに多少びっくり致しました(^^;)

神道ってカタチのない神様を祀るものですし、ハコモノ好きの日本人が

何を求めてこんなに来るのかな〜っと少〜しだけ不思議な気分。。

来るまでの道沿いのお土産店や飲食店を見るに、地方の小観光地…

っといった感は否めないものの(ゴメンなさい伊勢の方〜)、

神宮前はすごい賑わい!

江戸時代はお伊勢参りが狂ったように大流行したそうですが、

その熱気や狂乱ぶりとは別に、今何がこうして人を集めるのかな〜なんて思いつつ、

お腹がすいたので例の伊勢うどんにチャレンジです!!



…が。

すんません…観光地の売店ってのがダメだったのかな、たぶん。

るちみが何度か感動して語るところから想像してた以上では…モゴモゴ

うー、カツオ出汁が効いてあっさりしてるのはいいんんですけども

やわらか麺にしたってやわらかすぎだったのです〜(><)/

でもお値段お手頃でいい分量、ほどよくお腹も満ちたところで…

とりあえずお土産探しです!

しかし周りは一緒の友人だらけ故、るちみに赤福を本店から郵送して終了〜

あんな激甘アンコをぱくりと昼ごはんがわりに食べられるヤツには感心しますわ。。

明日届くはずですのでゆっくりご賞味アレ〜モグモグ



あちこちで摘み食いしながら、ようやく内宮への大鳥居を潜ります。

人通りが多すぎるのがアレですが、やっぱり気持ちよかったです。

透き通った五十鈴川に20年に一度架け替えられる大橋を渡った先には

広い砂利道がゆったりと広がり…何より、木の気が違う。

苔むした大木の表皮の凹凸に触れながら、ゆっくりと歩きます。

一面にヒノキの香りがうっすらと漂い、仰ぎ見れば深い緑の底に沈みそうになる…

この、物凄い人だかりさえなければ…(T-T)

じゃりじゃりBGMみたいに無数の足音が響くので

鎮守の森独特のピンと静謐な空気を感じ取りにくいのが残念でしたが、

それでも様々な雑念をすっぽり包み込むような透明な空気でした(^^)

へたっぴな写真ですが…こんなかんじ。↓







式年遷宮の度に伐採するので鎌倉時代には既に禿山だったらしい鎮守の森ですが、

大正時代から植林計画が立てられ200年後の遷宮には伊勢神宮だけで賄うそうです。

お賽銭を投げない私にしては珍しく(だから大凶ばっか引くのか?)

5円玉を投げてゆっくりとお参りしてきました。

今年一年、周りの大切な人々と穏やかに健やかに過ごせますよう。

よく考えたら初詣でした。



さて…再びバスに乗り込み、今度は温泉宿へ出発です。

ちょっと長いので、続きはまた明日♪

そうそう、今日(?)のメインはやはり女子フィギュアですね〜☆

早めに寝て(昨夜寝てないし)深夜から全選手鑑賞するぞっ!!(*^^*)



*ランキングに参加しております。*
よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv
人気blogランキングへ
学生ブログランキングへ
0574 W.S.Rへ
旅路の果ては… / comments(2) / trackbacks(0) / meke /
ご無沙汰しております。
本当にご無沙汰しております、mekeです。

生きてます、元気ですたらーっ

突然の音信不通はリアルはともかくネットでは初めてのような気もしますが、

卒論(仮)終了直後から予定外の出来事の連続に翻弄されまくっておりまして、

ネットを開いたのも実に数週間ぶりなのです…モゴモゴ

その間メールやコメントを頂きながらすぐにお返事を返すこともできず

本当に失礼いたしました…ポロリ

この半月、辛いことも悲しいこともいっぱいありましたが、

それ以上に周りの人に助けられて生きてる自分はつくづく幸せだよな〜

っと思います…悲しいこと以上に楽しいことや愉快なこともいっぱいだしねラブ


そんなこんなで・・・現在は東京に来ております☆

明後日お伊勢参りに三重に行って…

研修でまた東京に戻って…に帰って…

それから卒業式しに京都来て…ようやく東京へ・・・

ぎぇ〜全国移動しすぎ!!!お財布が…本気でやばいよこれムニョムニョ

でも頑張ります〜!!(><)/

落ち着きましたらまたあっちもこっちもいろいろUPしてきますんで

よろしくお願いいたします♪
旅路の果ては… / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
ただいまっ!!!
ただいま帰りました、mekeです。

ただいま…私の日記、頻繁にこの言葉が飛び出しますね。


島に帰って、ただいま。

島から帰って、ただいま。

旅に飛び出て、いろんな人に出会って、

そしてK氏のとこに飛んでって、ただいま。

また自分の部屋に戻って、ただいま。


自分のルーツを改めて確認した今回の島帰り。

ルーツ…それは土地と人との切っても切れない摩訶不思議な糸。


昨日、電車で見た某都知事の記事の見出し。


「中国が沖縄に原爆を落とす日」


読んだ瞬間、眩暈と吐き気。

窓の外には東京の街並が流れてゆく。

あと数ヵ月後、ここは新しい私の生活の場となる。

ルーツを突然失ってしまった私は、一体全体私でいられるのだろうか。

今朝見た、ニュースの欠片。


「米軍と自衛隊、離島奪回をシュミレートした初の合同演習開始」


…ルーツが消えてなくなったら。



ホントにこういう事態が起こるのを想像してゾッとしたわけではなく、

当たり前だと思っていた土台が突如暴力的に失われたら、という白昼の悪夢。

…でも、人は消えないよな。

今まで会ってきた大切な人たち、これから出会う大切な人たちは。

失うことにビビッて立ちすくんでるだけじゃ何にもならん。




そして、新しくまた「ただいま」を言う場所ができたのでした。

ここ数日、数ヵ月後に住むお部屋探しに奔走していたのですが、

お疲れK氏の頑張りとさすがプロの業者さんのお陰様で、いい部屋みっけることができました!!ラッキー

大家さんもとっても品の良い、ステキなご家族だし。
 
7年間、いろんな人と共同生活を繰り返してきました。

…が、男の子とのルームシェアは勿論生まれて初めてなわけでして。

(同棲って言葉はなんか辛気臭くてスキじゃない〜)

さーてこれからまた一体全体何が起こるのかさっぱりわかりませんが、

いい「ただいま」をこれからもいっぱい言えますよう。

相変わらずのんびりゆっくり、楽しんで学んで生活してゆこうと思います!!


さて…久々にバーテンバイト再開です。

休みすぎで店長にはかなりご迷惑おかけしちゃいましたが…ポロリ

あと二ヶ月、頑張ってしっかり稼がなくっちゃ☆

ではでは、ちょっと行ってきます♪
旅路の果ては… / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
おっはようございま〜す☆
何の計画性もなくふいっと放浪できるのは学生の特権だよな〜と

つくづく思います…三日前の今頃は長野にいるなんて想像もせなんだ汗


おはようございます、mekeでっす♪


予定していた就活日程が急に変更になってしまい、

ぽっかり空いた連休に気合い入れて…何しよ??っと思ったら。

K氏からお誘いを受けまして、氏の実家に遊びにきております(^^)

こちらに来るのはこれで4度目。

ひんやりクリアな空気が気持ちよいですねえ〜☆

さすがにまだ紅葉には早いのですが…

冬に来ると当たり前のように銀世界なので

島っ子にとっては見るもの聞くもの食べるもの、

何もかもが大変物珍しかったりするここ信州。

帰る頃には東京も関西も随分涼しくなってることでしょうね♪



一昨日、まずは東京に集合しまして、

氏の友人ら(mekeを含んで総勢6名)と共に飲み食べ飲み食べvv食事

既に連日氏のもてなし料理が続いていたようなのですが、

その夜もハーブ尽くしに松茸尽くしに貝尽くしに

ケーキにワインにビールにアイスクリームのシェリー酒がけに…

マトンカレーに挑むところで氏の体力がダウン(^^;)

くたびれて眠ってしまった主を後目に、

残りの皆(初対面者同士だったりする)は

PS2やら漫画やら雑誌やらを読んだり読まなかったりしつつ

映画談義に漫画談義に東京談義、

シュールレアリズムの現代に於ける役割等々、

盛り上がったり静まりかえったりしながら6畳間で雑魚寝。

翌朝一番遅くに起きてみると、

ひとりが持ってきた女性ボーカルの曲がゆるやか〜に流れる中、

せっせと朝食の支度をするK氏の横で

皆めいめいに好き放題くつろいでおりました(*^^*)

その後延々と全員でゴルフゲームに熱中した後、

3人は原美術館へと向かい、

もう1人を見送りつつ我らは特急に乗り込んだ次第です☆

初対面者同士であれだけくつろげるって…なかなかないよなあ〜

もともと気を遣うことが大の苦手のmekeなのですが、

ほとんど緊張することなくのんびり過ごせた1日でした楽しい




…で、で。

夜になりようやく辿り着いた信州は★市。

来るたびに見方感じ方が変化してゆく街です…

ってそりゃそうですね、初めは通過点にすぎなかった土地が

訪れるごとにどんどん肌に馴染む感覚って。



…そんでもってK氏パパです(^^)



彼に会うのはこれで三度目。

毎回、何だか不思議なものでもみるような感じで

じーっと窺って観察してしまいます…(^^;)

いろんな点で極めてK氏にそっくりなのですが、

無邪気に人当たりがいいのになかなか一筋縄でいかない点も

微妙に…異なりつつそっくりなんですよ!!ラブ

この二人の会話がまた奇妙なんですよねえ〜

昔はもっと鋭い言葉のスパーリングが展開されてたんだろうなあ。。



そのままパパの運転で行きつけのお寿司やさんへ。

氏は大分胃もたれしてたはずなのですが

mekeと同じだけパクパク食べてました…大丈夫か?(^^;)

パパも丁度出張から戻ってきたばかりとのことで、

ちょっぴりお疲れさんでしたが私に合わせて(?)お酒飲んでくれるし…

でもって今度は氏の運転でおうちに向かいます。

mekeも大分道順覚えて参りましたが、

雪があるのとないのとではまた違った風景です。

よくみたら氏の近所は街灯が裸電球でした。



おうちに着くと、パパはわざわざmekeんちの島唄をかけてくれました。

(こういう気遣いとかもね)

風格のある日本家屋の奥座敷にどでかいスピーカーが備わってまして、

トイレに入ろうがお風呂に入ろうが丁度良い音量で響き渡ります♪

(しかしいつも思うのですが近所に音漏れしないんだろうか^^;)

そして…

渡される、パパからK氏への誕生プレゼントプレゼント



手打ちのサバイバル包丁が二本。



…なんてこった〜っっ

まだ私だって準備してなかったのにぃぃ〜!!!!ショック




「これでお父さんから刃物を貰うのは3回目だね」


「そうだっけ?」




…親子そろって刃物好き。

台所には数え切れないほど包丁が、

よく見ると部屋の方々に細工の細かいナイフがっ(^^;)

mekeもいろいろ貰ってしまいました、

「ガイアカード」に「十草神宝」。

…コレについてはまた後ほど☆



その後ものんびりゆったりと夜は流れ…月

ぐっすり眠って起きるととっくにふたりは起きてまして、

コーヒーを飲みながら暫しまったり〜ホットコーヒー

再び旅立ってしまったパパを見送った後、

我らは庭の手入れをしたりソバを食べたりお散歩したりしつつ

夜は私のかねてよりの要求であった温泉へGO〜ラブ

だーって行ったことないんですよ、島にはないし(^^;)

うっかり男湯に入りそうになりつつも、

どーんと取り囲まれた森の中でぼーっと湯に浸かるのは最高でした=3



本日夜には再び東京に戻ります。

でもって明日からまた怒濤のバイト+ゼミ日和〜

それまであと一日、楽しく過ごそうと思います♪
旅路の果ては… / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
ここどーこだー♪


パソの整理してたら出てきました。

携帯で撮った画像なのでちょいと霞んでますが何処だと思います??

ヒント、真ん中の旗…ってわかりにくいですね(^^;)

韓国からみた北朝鮮なんです〜


去年るちみと一緒に行って来ました、

軍事境界線の南側、板門店から見える北でございます。


板門店…ソウルから北西へ40キロ、

民間人の出入りは統制されてるのに外国人は行けるという奇妙な場所。

コレを撮った展望台と土産物店以外は立ち入り不可なんですが、

例のあの建物内部にも入ることができます。↓






う〜んこれもバスの窓から撮ったんで汚いですね(><;)

映画「JSA」の舞台としても有名なこの水色の建物、

真ん中のラインから向こう側が北朝鮮でございます。

部屋の中には南北が会議に使用するテーブルがありまして、

その部屋も真ん中のラインから向こう側が「北」なんですって…


兵士は韓国客がパチパチと撮影しても身動きひとつしません。

窓越しに北の兵士を撮影させてもらおうか…とも思ったのですが

変にテンションの高い周囲の日本人観光客が急に奇妙に思えて

考え込んでるうちにバスの中に戻ってしまいました…

インスタントカメラも持たずに韓国入りしたので

このケイタイに収めたこの二枚が唯一の記録でございます。


一枚目の画像でもわかるように、

あたり一面荒涼と広がる大地でございます。

遠く北から流れるスピーカーの声も聞こえておりました。

風も強く、冷たく、ぼーっとしてると物凄く寂し苦しくなってきました。



土産物屋の中は観光客で賑わってましたが、

ビンボな我らは1万ウォンだって無駄にはできません悲しい

米軍基地内の食堂でご飯でしたが

あまりの不味さにるちみは腹を壊しました(^^;)

あのマシュポテトほど「味のしないもの」を食べたことはありません失恋



この韓国の旅もいつもどおりネタまみれなんですが、

詳細はまた次の機会に〜☆(^^)



板門店についてもっと知りたい方は→コチラ

>映画「JSA」については→コチラ




*ランキングに参加しております。*
よろしければ1クリック宜しくお願いしますvv
人気blogランキングへ
学生ブログランキングへ
0574 W.S.Rへ

旅路の果ては… / comments(0) / trackbacks(0) / meke /