旧『COMIC★STRIP!!!』跡地でーす
現在、携帯投稿ブログとなってます!
新URLはコチラ→http://comicstrip1983.blog83.fc2.com/
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / - / スポンサードリンク /
新世界巡り


新世界・日活。
ポルノのロマンスショーが観れるらしい。



ナイスすぎるタイミングでおじいちゃんが現れ、上映時間チェック。
「完全に仕切られた個室」「カップルシート席」「一般席」
しかし…人の気配はまばら。。



大空美樹は有名ですよね。



さらに奥に進むと「国際地下劇場」を発見。
手描き看板が哀愁を誘う。プロの技である。



「韓流復讐劇と感動作の3本立」



うーん 壮観。
もうちょっと近寄ってみましょう。



何というか、完璧すぎます…
どう想像しても映画の中身がぱっとイメージつかん。凄い。



その先に進むと、さっきとは反対側の通天閣が見えます。
上ってみようと思いますが、結構な列ができているようなので却下。
そういやまだ京都の和ロウソクにも上ってないんだよなー



ビリケンに群がるおこちゃま。
この後、後ろの串かつ屋で2本だけ串を食べる。
ソースの二度漬けを極端に警戒して食べてたら、「バナナにソースつけたでしょっ!」と妹にキレられ、謝りまくる。
しかしそれは牛であり、しかも後から出てきたバナナ串にはちゃんとソースが。。



むっ 何かいる!!



「LOVE ホッ 営業虫」
…つっこまんぞ、ここは敢えて通り過ぎてやるぞ…とはなかなかゆかぬわけで。。



帰り道、青空の下飛行機雲をしょってたつ愛の城。


以上、上野よりも「ヨロシク哀愁」な感じの強く残る新世界でした。
こうした風景もあと10〜20年も経てば消えてゆくのでしょうね…
乱立する串かつ屋のキレイさやチェーン店っぽさに、既に消えていった何かの気配を感じてしまいます。安易な感傷やレトロ回顧はよしておかねばなりませんが。
エロと食と油のニオヒの間を闊歩する、両若男女家族連れの姿が不思議な光景をかもし出してる、現在の新世界です。
あの頃グラフィティ / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
新世界巡り


さあ いざ 新世界へ



既におもしろい風景です



てくてくと



あるいてゆくと



むむっ サンパツ安っ



どれどれ うわあ 繁盛してます すごい椅子の数。



人混みの中、ぱたぱたはためく 白タオル



例のアレがみえてきました



『新世界東映』をのぞいてみます。
金色の太陽は結構なスピードでぐるぐる回ってました。



♪銀座の〜恋の〜物語〜♪
と 無法松の一生が放映中のようです。



ちょっと奥にはいってみたww



右折した突き当たりには大衆劇場が華やかに。



贔屓の役者の名前と花輪 しかし客の出入りする姿は見えなかった。
時間外だったのかもしれない。
あの頃グラフィティ / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
作文帳。
200809241158000.jpg

幼稚園から小学校2年生まで、毎日日記を書いていた。
そう、この1ページ18マスのジャポニカ学習帳に。
当時は「日記」とはいわず、「作文」と言っていた。
毎晩、作文を書いては母に見せ、9時前には眠るとてもお利口な子どもであった。
そんな幼稚園年長組の頃の、年末の記述。


12月30日(土)

今日は エプロンをかけて お母さんの手つだいをしました。

けれど 一番ふけつなところは 思ったよりお父うさんのつくえでした。

本の中には紙きれを入れて つくえのよこにはゴミをすてて

本だなの本の上にはノートバッグボールペンがいっぱい

mekeはそれをとるのにじ門がかかりました。

ようやくそれをかたずけました。

そしてくすりをのんで 作文を書きました。



…それから20年後、現在の私の机の周りは父と全く同じ状況である。。ヽ(´Д`)ノ


自分でもよう書くなあってくらい、今まで書きためた紙きれがごっそりでてくる。
特に2002年から2004年の間のがひどい。
同じ時期に、違うノートやメモ帳に様々書き散らしている。
高校の時のメモの下に、一昨年のレシピが挟まってたりする。
もっと分類しとけよ…と思うが…ま、いっか…







昨夜



見たこともない、K氏のおくさんの夢をみた。






・・・


・・・


淡谷のり子の顔であった。



女ってこえー、っと思った。自分がね(^^;)

勿論、起きて爆笑。
あの頃グラフィティ / comments(0) / trackbacks(1) / meke /
回想も楽じゃない
200808291218000.jpg

目下お掃除脱線中です♪
靴箱に突っ込んであった中学〜高校受験の夜を彩ったカセットテープの名残。
+謎フロッピー。現パソではもはやフロッピー使用不可なので何があるかは…マジで謎。

大分捨てたのですが、一応思い出ってことで転々引っ越す中でもしつこく持ち続けてきたブツ達。。
エアロスミスはのびのびになるまで聞きました。
高校生になって多少お小遣いに余裕が出てCD買い始めたにも関わらず、テープな毎日でした。
何故ならラジオっ子だったから。

今のようにネットもなきゃパソもない学生時代の最大のエンタメはラジオでした。
つってもNHKしか聞けない電波状況の下、ジャンルも限られてたんだけどね〜
これぞ!っと思った時にすぐ録音。
でもやっぱ無精者なので「誰の」「いつの」「何という曲」をメモってない、ほぼ(−−;)

人並みに?邦楽を聴いていたあの頃。
斉藤和義、ユニコーン、荒井由美(!)、山下達郎、サザン、そしてイエモン。
ええ。狂ったようにイエモン。当時ちゃんと活動してたのに結局行かなかったライブ。
カセットテープたちも、メモってあるだけで6本がイエモンです。
ラジオにゲスト出演した時のとかです。懐かしすぎますが、もう聴けません(;;)

ちなみに一本、「ラブマシンーン」と書かれたテープがありますが、これは当時本島にいた私に弟が送ってきたものです…「も、モー娘聞けって!?」っと大笑いして結局上から別の曲を録音した酷い姉(^^;)

…しかしテープは回想するにも楽じゃない。
巻き戻しってこんなに面倒くさかったんだね☆
最近「あの頃の謎曲」の正体が実はコレでした!な事が多いので、改めてこの遺物たちを紐解いてみようかな…と思うわけですが、どうしても「今は無理」な曲たち(〇’Zとか〇〇チルとか…)をすっ飛ばす作業が面倒で…(T−T)
結局、今回も眺めるだけで再びお蔵入りです。
あ、でもたまたまみっけたA面ほぼジェームズ・ブラウンのはなかなかよかったので、今、超久々にテープレコーダー使用中です♪

ふあ〜お腹すいたあ。。
今日のお昼はなんにしよ…あ、ピータン食べたいピータン!
あの頃グラフィティ / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
あの頃グラフィティ〜プレイバック高校時代〜
いろいろありまして落ち込みがちのところ、そーゆう時に限って集中力が高まる傾向を利用して本日は8時間労働ならぬ8時間連続勉強をしてみました。
余計な悶々にとらわれずにすむのでこれはいいかも。

今日も視聴覚室を貸しきって大音量BGM。
るーどうぃっひ君の1番&2番でテンションを上げるも、うっかりサティ君につかまって睡魔に陥りそうになり、あわててもーつぁると君の魔笛でテンションを高揚させてみる。
部屋に帰ってからはノーBGMで。
これは私にしては珍しい。
当たり前だがこれはこれでとても集中できる。ふっと寂しくなるけれど。


…しかしだ。

夕飯もちゃんとつくるぞーっと頑張ったはいいが…
力量もないのに下準備さっさと済ませようとしたのがまずかった。
小さいじゃがいもの皮むき、ピーラーじゃちょっと不便だな、危ないし…っと思った瞬間…ざくっと…あああああ…

久々に流血しました…危うくマジで貧血起こして倒れるとこでした(;;)

もう自炊なんて知るかーっとベッドの上でごろごろ転がった後、ふらふらばんそうこうを巻いて渋々続きにとりかかったよ…
何か今日一日、すっごく頑張った気がするぞ!!(><;)



さて、本日の高校野球沖縄県大会の結果↓

浦添堅守 接戦制す

あちゃ〜我が母校は一回戦、サヨナラ負けを喫してしまったようです(><)
でもエライよ君達!!
うちのガッコは進学校ってヤツで歴史もまだまだ浅いのですが、私たちが卒業するまではなんと野球部がなかったのだ。学校が認めてくれなくて。
部活するにしても他の高校より制約も多いしね。0校時があるから朝連できんし、休日練習も時間制限があるし…体育系が「勝ち」にいくのはなかなか難しい環境だと思う。

そんな中、1コか2コ下の後輩らがまずは野球同好会から活動を始めた時には、おおうちの学校にも遂に…と嬉しさ半分、正直部としての活動はムリなんじゃないかなーっとか思ってたのだ。
しかし彼らはやった…学業との両立はキツイだろうに、2005年の夏には初の公式戦突破。
それまではほぼ毎回コールド負けだったのですよ…ニュースを聞いたときは本当にびっくり感動したもんです(;;)
野球一直線!!で成り立てる学校ばかりじゃないわけで、それこそルーキーズみたいな学校もあるだろうし、うちみたくいろいろ制限のある学校もある…そのみんなが目指してるのが「甲子園」という晴れ舞台なわけで。。
ああ、これもう、今年も応援しに行かざるを得ない!!!(*^^*)


…久々に母校の記事を書いたので、「あの頃グラフィティ」的なブツをば↓





『書くぞ!!合格体験記』

懐かしいねーるちみー(^^)
パソコンの中に残ってた、前の前の前の携帯で撮ったもんです。
ムーバだったくせに今のPより画質いいのはどうゆうこった。

コレが掲げられるのはセンター試験間近になった頃なので春頃ですね。
確か妹の卒業式に合わせて帰ってたときのだはず…たぶん…
『合格体験記』とは文字通りの冊子ですが、コレに寄稿する自分の姿を励みにきつーい受験勉強を乗り切ったもんだよ。
私は島っ子なので、この幕のある玄関口からちょっと坂を上ったとこのゴミ焼却炉と墓場に囲まれたステキロケーションの寮に住んでおりました。

当時の日課がガッコのHPから見れた↓

起 床 06:00 〜
清 掃 06:10 〜
朝 食 06:30 〜 07:20

     学校
昼食は当番が寮に弁当を取りに行き、学校で食べる

入 浴 16:30 〜 19:30
夕 食 17:30 〜 19:00
学 習 19:30 〜 21:10
休 憩 21:10 〜 21:50
学 習 21:50 〜 23:45
消 灯 24:00 〜 00:00



こんな生活送ってたんかい…今では想像もつかんがな(@@;)

まず6時起床。
当番の寝ぼけ眼の放送で起こされ、寝ぼけ眼のまま分担掃除に向かう。
食堂の掃除は椅子がホテル並みにでかくて重いので一番面倒くさい。
朝食は食堂でみんなでいただく。TVはずーっとめざましテレビだったな。
ちなみに掃除も食事も男女共同。住むとこは勿論別れてるけどね、「一応」。
7:45から0校時スタート。
当時の思い出としては…いさぎよいほどに遅刻しまくるるちみの姿ですかね…

そしてお昼のお弁当。

つくってくれる栄養士のおばちゃんらには本当に申し訳ないのだが、
マジですこぶるマズかった…!!!(;;)
きゅうりと沢庵(黄色4号とかめっちゃ使われてそうな色の)の和え物とか、冷凍揚げ物とか揚げ物とか揚げ物とか…あの野菜フライは二度と食べたくない…
あんまりマズいので、野菜恋しさに3年生後期はるちみの弁当(に毎日入ってた)赤ピーマンもらって食べてたなあ。。寮生こぞって寮食改善運動をした結果、妹2が進学した頃には食事は大分改善されてたらしい。

で、授業が終わると5分でたどり着く寮へと帰る。
近すぎて時々スリッパで登校したこともあったな…気づかなくて(^^;)
入浴時間が16:30 〜 19:30 っとなってるのは、浴場のシャワー数が限られていた為。
今では改装工事して数も増えたらしいしそんなことはないでしょーが、洗面道具をずらーっと廊下に並べて延々と順番待ちをするわけです。
その場を離れてうっかり戻るタイミングが遅くなると先こされるし。
廊下で待つコらはテスト前には単語帳とか持って座り込み、ちょっと面白い光景になる。
その間、外では男女が混じってバスケしたりバレーしたりして遊んでたっけ。
超楽しかったなあ、あの時間帯…(^^)

お風呂と並行して夕飯を食べつつ、7時半から前半のべんきょー時間スタート。
その間の部屋同士の行き来は原則禁止、見回り中の舎監にバレたら一大事。
9時10分から休憩時間。でっかい鐘が鳴り響く。
一気に活気に満ちる寮内、庭に出て遊んだり食堂でおしゃべりしたり…
そうそう、食堂では男女一緒にべんきょーできるのでいろんな意味で刺激的だったな〜

9時50分に休み時間終了、後半の勉強時間に突入。
消灯の鐘が鳴った後は当然点灯禁止、各部屋への移動も禁止。
テスト前には見回りの舎監にバレぬよう、部屋の窓ガラスにゴミ袋で目張りした、ツワモノはつくりつけのタンスの中に蛍光灯を持ち込んでお勉強…私もやったけど(^^;)
もちろんバレたら超怒られる。。

外泊は3日前に書類申請、当日は宿泊先のオトナから舎監へ許可をもらって移動。
各部屋での自炊禁止(米の袋が見つかって怒られてる男子もいた)、テレビも禁止(こっそり持ち込みしてる人はいただろうが)、パソコンなんて当時持ってるコはほとんどいなかったからネットもなし、携帯電話も私は持ってなかったし、よくあの状況で三年間楽しく生活できたよなあ〜〜
今は少なくともネットがなきゃダメダメだもんな。


今思えば、もっとやっとけばよかったなあ〜とか思うことも多い高校時代ですが、総じて一番有意義で楽しい学生時代を過ごしたと思う。
泣くほど勉強したのはあの頃だし、人との出会いに感動しまくったのもあの頃で、人の為にボロ泣きしたのもあの頃が初めて、自分のふがいなさに号泣したのもあの頃、UFO見たのもユーレイ見たのもあの頃、ケーキバイキング行きまくったのもあの頃…まあイロイロありました。

あれから7年、今また違う形で学生時代を送ってるわけで。

ここでまたいろいろ悩みも多い…社会人とは違う種類の、高校時代とは違う種類の。
でも、今ふんばらないと数年後に絶対面白くならない。
大学時代はそれはそれで楽しかったけど、今は高校のときみたいな集中力の方向性で楽しみたいなあ、とか思う。なかなかうまくいかないけれど。
何より欲しいのは刺激的〜な「賢い」友人が身近にいる環境。
最近、ようやく、よーやく、学内でそうゆう人をみっけてすこぶる嬉しい。

…あれ、なんでこんな話になったんだろう。ああ、そうか野球だっけか。

明日もがっこー&バイトです。そろそろ眠らなきゃ。
あの頃グラフィティ / comments(0) / trackbacks(0) / meke /
あの頃グラフィティ〜春爛漫・奈良念仏うなぎ編〜
春ですねー気がついたら桜が満開です!!
昨日バイトに行く途中、電車の窓からぶわわっと桃色の桜並木が広がった瞬間、窓辺の乗客がみんな無意識に見ほれていたのが印象的でした。

そして卒業シーズンもひととおり通り過ぎ、入学式が一斉に始まりますね。
一緒に研修を受けてるバイトのコのほとんどが、今度新1回生になる18だか19だかのぴっちぴち春の希望に溢れてる感じのコばかりなので、側にいるだけで楽しくなるよ(^^)

ちなみに私mekeは…昔から年相応に見られたことなどないのですが。

ああ、勿論年嵩に見られるっつーことですよ(T−T)

流石に18んとき60をとっくに過ぎた父親といる時「奥さんですか?」と言われた時には引きまくったけどね…うちの父方の家系は年をとると年齢不詳の風貌になるので、いつか自分にもそんな日がくるさ…と心を慰めていたんですけども。

しかし最近!

「何回ですか?」「大学どこですか?」ってよく聞かれるの〜それってあれですか、学生っぽくぴちぴちして見えると都合よく解釈していいんですかねえvv

…いや違うな。行動言動が年相応じゃあないってことだよ多分…

とりあえず正体不明な空気を全身からぷんぷん出しているらしく、初対面のコとひととおり喋った後、別れ際の台詞が「あなたの概要がつかめません」だった時には笑ったな〜(^^;)
ああでも!なんと18のコからメルアド交換依頼とかされた!!
しかも紙に書いたやつをこっそーりと渡してきた…ちょっと状況が面白すぎて震えた。


さて先日、履修登録OKの通知が大学から届き。
四月から週3で学生、週4で塾講師、隔週で巫女&かうんたーれでぃという結構ハードな生活が始まる模様です。あと数日の空白自由時間。
こないだ写真を整理していたら、入学当初&卒業間際の写真がごそっと出てきた。
つまりその時くらいしか写真をとるってことをしない訳なんだが。
この時期になると、今でもしょっちゅう会ってる寮の友人たちとわいわいきゃっきゃ死ぬほどバカなことをやってたことを思い出すなあ。。

…謎のヨガクラブを結成したり(宗教臭いヨガの本を見て爆笑してただけ)。

…謎の太極拳同好会を結成しては気を集めて「見える!!」っと叫んで爆笑したり。

…新入寮生を2日がかりのエセ芝居で死ぬほどびびらせて泣かせたり。

枚挙にいとまがつかぬ。

そんな春の日、奈良出身のあのコと一緒に奈良日帰り旅行に行ったのでした。
ぽかぽか日差しのあったかい気持ちのいい日だったなあ。
あの時は人生2回目の奈良で、その前は小学校の時家族旅行で来たきりだったからほとんど記憶はなくて、ほぼ初めてに近かった。
奈良公園から東大寺、できれば法隆寺にも行こうか〜っとか言いながら奈良駅に降り立ち、改札からまっすぐ商店街を歩いて奈良公園に向かう途中、ソレはあった。。







念仏ウナギ…??

全身金箔を塗りたくった褌いっちょのおじさんが砂利の上に座って何かしてる。
その後ろに何か布を被った人っぽいのがいる。
胴体だけのマネキンもいる。
アートか大道芸か何なのか、しかもここ、宮内庁の看板の立つ御陵前の広場なんだぜ…
私も友人も思わず立ち見。そのうちどんどん人だかりができてきた。





旗には「おかげばやし」と書いてあるらしい。
時折マネキンを元に戻したり、布の人(女の人だった)は別の布を被ったり、何か、舞踏…というか何と言うか、ようわからん。
春の日差しの下、金箔を塗りたくったおじさんの肌から汗が流れる。
素肌の砂利が痛そうだ。





そのうち明らかにいっちゃった感じの白塗り女性が踊りだした。
この後、後ろの金箔おじさんは梯子に昇り、口の中に差し入れた花火を盛大に吹かせながらショウ?は終了した。
場所が場所なこともあり、白昼夢…というか、古の奈良の都の市で、まやかしの見世物を見物しているかのような、不思議な感じだった。
終わった瞬間、いっちゃってた女性はすーっと普通の人に戻り、最初の写真の左側にある洗面器をもって見物客の前にやってきたので、最初に投げ銭させてもらった。
念仏宗教とか勉強したいなーとか思いつつ、そのまま東大寺へ向かった…



そんなわけで、私にとって奈良といえばこの「念仏うなぎ」なんだが。
その後ネットで検索しても何度か奈良に行ってみても彼らに出会うことはなかった。。
一体何だったんだろうなあ…今でも、あの時一緒にいたコに会うとこの話になる。


不思議古都、奈良。



こんな感じの変な写真がまだぽろぽろあるんで、ちょこっとUPしてこうかと思います☆
あの頃グラフィティ / comments(0) / trackbacks(0) / meke /